1. TOP
  2. 特集・コラム
  3. アレルギーがある人でも利用しやすい宅配食・食材宅配サービス

アレルギーがある人でも利用しやすい宅配食・食材宅配サービス

ご家族にアレルギーを持っていない人はあまり気にすることが無いですが、子供にアレルギーがあるといったご家庭では「アレルギー表示」は常にチェックが必要ですし、お店などでは「低アレルゲン食品」の情報は気になる所です。

便利な宅配食や食材宅配もお子さんにアレルギーがあると、アレルギー表示がわかりやすいことやアレルギー対策にも配慮していないと使うのをためらってしまう人もいらっしゃるようです。

逆に低アレルゲン食品やアレルギー表示がわかりやすく、メニューが選びやすい宅配食や食材宅配があるとアレルギーがあるお子さんにも安心して食べさせられます。

こちらではアレルギーがある人にも利用しやすい宅配食サービスをご紹介します!

アレルギー表示の基本

市販されている商品には食品衛生法によってアレルギー表示というものが義務付けられています。

アレルギーを持つ人にが使用されている原材料の情報を適切に伝えるというものですが、現在では7品目が表示義務があります。

7大アレルゲンは

たまご、乳、落花生、そば、小麦、えび、かに

他にも20品目が国から表示を推奨しているものの、こちらは表示推奨ということで表示しなくても問題は無いという状況です。

多くの食品メーカーや宅配食サービスなどの食品を提供する会社では他にも7品目プラス20品目のアレルギー27品目を表示しているのが一般的になってきました。

 

アレルギー表示義務 原材料
特定原材料7品目(表示義務) 卵、乳、落花生、そば、小麦、えび、かに
特定原材料に準ずる食品(表示推奨) あわび、いか、いくら、オレンジ、カシューナッツ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、ごま、さけ、さば、大豆、鶏肉、豚肉、バナナ、りんご、桃、やまいも、まつたけ、ゼラチン

 

アレルギー表示、低アレルゲン食品に力を入れている宅配食や食材宅配サービスはこの27品目を表示してアレルギーがある人に対して情報をしっかりと伝えるように取り組んでいます。

そのため、アレルギーをお持ちの方がご家庭に居て、宅配食や食材宅配サービスを利用する場合には特定原材料7品目に加えて、表示推奨されている20品目の表示を行っているサービスを選ぶと商品の注文がしやすくて安心です。

宅配食・食材宅配サービスのアレルギー表示状況

利用している人が多い人気の宅配食サービスのアレルギー表示状況を一覧にまとめました。

アレルギーの表示については、商品に記載、貼り付けられている情報に関しては27品目記載しているものの、注文時のパンフレットやサイトの注文画面には表示義務のある7品目を記載していて、20品目は問い合わせというサービスがあるので、この点を比較してアレルギー対応に柔軟なサービスを見つけましょう!

サービス名 ジャンル アレルギー表示 献立のメニュー選択 注文に関する備考
nosh〜ナッシュ 宅配食事 表示義務7品目
原材料情報有り
メニュー選択可 注文画面にアレルギー登録機能付き
わんまいる 宅配食事 表示義務7品目
表示義務なし20品目
健幸ディナーのメニュー選択無し
単品商品有り
ウェルネスダイニング 宅配食事 注文画面に記載無 メニュー選択無 アレルギーがある食材を主菜のみ変更可能
食宅便 宅配食事 表示義務7品目
表示義務なし20品目
メニュー選択可
ニチレイフーズダイレクト 宅配食事 表示義務7品目
表示義務なし20品目
メニュー選択可
やわらかダイニング 宅配食事 注文画面に記載無 メニュー選択無 アレルギーがある食材を主菜のみ変更可能
美健倶楽部 宅配食事 注文画面に記載無 メニュー選択無 表示義務なし20品目は問い合わせが必要
ヨシケイ 宅配食事・食材宅配 表示義務7品目 メニュー選択可 表示義務なし20品目は問い合わせが必要
彩ダイニング 宅配食事 注文画面に記載無 メニュー選択無 表示義務なし20品目は問い合わせが必要
おまかせ健康三彩 宅配食事 原材料情報 メニュー選択可 アレルギー情報は原材料でチェックする
セブンミール 宅配食事・食材宅配 表示義務7品目 メニュー選択可
オイシックスドット大地 食材宅配 表示義務7品目 メニュー選択可 アレルギー対応商品有り
大地を守る会 食材宅配 表示義務7品目
表示義務なし20品目
メニュー選択可 注文画面にアレルギー登録機能付き
コープデリ(おうちコープ) 食材宅配 表示義務7品目
表示義務なし20品目
メニュー選択可 アトピー・アレルギー対応商品有り
生協パルシステム 食材宅配 表示義務7品目
表示義務なし20品目
メニュー選択可 アトピー・アレルギー対応商品有り
アプリ注文画面にアレルギー登録機能付き
生活クラブ 食材宅配 表示義務7品目
表示義務なし28品目
メニュー選択可 注文パンフレットに記載
らでぃっしゅぼーや 食材宅配 表示義務7品目
表示義務なし20品目独自表示3品目
メニュー選択可 アトピー・アレルギー対応商品有り

 

 

アレルギーがある人に配慮している宅配食のおすすめはnosh

注文前にしっかりと7大アレルゲンと原材料の確認ができる

noshはサイト自体の作りも見やすいのとメニュー画面に一つ一つのメニューの原材料、アレルゲン、栄養表示が全て記載されていてわかりやすいです。

※画像出典:https://nosh.jp/

特定原材料7品目の表示に加えて、原材料情報も記載されているので、アレルゲンを含むメニューをしっかり確認できます。

※画像出典:https://nosh.jp/

マイページではアレルギーフィルターの設定ができる

noshの会員になると好みの食材やアレルギーの登録をすることができます。

※画像出典:https://nosh.jp/

これによって、メニュー選択をする時にアレルギー食材を含む料理がある時には警告アイコンが表示されるので、注文時にアレルギーチェックがしやすく助かります。

下の画像は小麦、卵をアレルギー登録した時のものです。

※画像出典:https://nosh.jp/

メニューの選択ができるのでアレルギーを含む料理を避けられる

宅配食サービスは7食などセットでのお届けが基本ですが、残念ながら献立内容を自分で選べないおまかせ注文形式のサービスが多い中、noshは毎週お届けするメニューを自分で選択することが可能です。

好みの料理を選べるだけでなく、アレルギー食材を避けて注文することができるので安心です。

アンケートやメニュー要望を出せる

会員になるとメニューの要望も出せるアンケートが常設されているので、もっとこのアレルゲンを含まない料理を作って欲しいといった希望も出すことができます。

※画像出典:https://nosh.jp/

すべて聞き入れられるわけではありませんが、noshはこれらのアンケートを参考にメニュー作りを行っているので、アレルギー対応の料理の要望を出すことで今後、料理が増えていく可能性もあります。

実際にnoshでは以前、主食はリゾットしかありませんでしたが、ユーザーからの要望で玄米や雑穀米といった主食も追加しているので、要望を出していく価値はありますね。

商品の原材料にはアレルギー原材料27品目が記載

実際の商品にはアレルギー原材料27品目が記載されています。

メイン料理の原材料情報です。

こちらはnoshのスープの原材料情報です。

 

管理人

noshは宅配食サービスの中でもアレルギー対応にも配慮しているサービスです。料理の原材料情報もわかりやすくすべて記載されていますし、メニューも自分で選択可能。しかもアレルギー食材の登録も出来るので、自身やご家族にアレルギーがあっても注文時にチェックがしやすく助かります!

 

>> noshの公式サイトはこちら

 

 

アレルギー対応・アレルギー表示に力を入れている食材宅配

食材宅配サービスはアレルギー対応やアレルギー表示に力を入れている会社が多いです。

しかも食材の安心・安全にもこだわるサービスが多いので、アレルギー・アトピーといった悩みがある方にとっても安心できる点が多いと思います。

らでぃっしゅぼーや

有機・低農薬野菜、無添加食品を扱う宅配食のらでぃっしゅぼーやはアレルギーに配慮した商品であるアトピーエイドを販売しています。

27品目のアレルギー以外にお米やグルテンフリー、じゃがいも、小麦類といった原材料のアレルギー表示も商品の備考欄に記載するなど、アレルギーがある人への配慮が行われています。

さらにショッピングページでは7大アレルゲン除外が可能なアレルギー絞り込みフィルタも付いているので除外したいアレルギー成分をあらかじめカットしてお買い物ができます。

アレルゲン除去食のアトピーエイドがあることで、アレルギーのある人の食材選びもしやすくなりますし、アレルギー絞り込み機能など宅配食の中ではアレルギーがある人への配慮がしっかりしているサービスです。

 

>> らでっしゅぼーやの公式サイトはこちら

 

 

大地を守る会

大地を守る会は会員になるとアレルゲンアラート機能でアレルギー食材を除外することができます。

27品目のアレルギー食材の登録ができ、この状態で各商品をチェックしていくと、対象商品には「アレルギー設定商品」というように表示されるため、注文時のアレルギー食材のチェックの負担がかなり楽になります。

日々の食材だけでなく調味料などを購入するのにも便利です。

>> 大地を守る会の公式サイトはこちら

 

 

生協パルシステム

 

パルシステムはアレルギーに配慮した注文用の冊子、アプリが用意されています。

アレルギー対応の商品やくらしの情報、レシピなどが掲載されている「ぷれーんぺいじ」やパルシステムが提供しているアプリ「タベソダ」にはアレルギー物質を登録することで、メニューからアレルギーを除外してくれる機能が付いています。

これによってアレルギーを含むメニューには、警告表示が出るため、アレルギー物質を含む食材を見分けやすくしてくれています。

他にもアレルギー専門のアレルギーほっとダイヤル という電話相談を開設しており、アレルギー経験を持つ相談員による相談 ができるのもアレルギーがある人にとっては食生活や生活のことなど、相談できるのも助かります。

パルシステムなど生協系の食材宅配サービスは食品の安全性にもこだわっていますので、アレルギーがあるお子さんがいるご家庭にも優しいです。

>> パルシステムの公式サイトはこちら

 

 

オイシックス

人気の食材宅配サービスオイシックスはアレルギー対応にも配慮した商品も用意されています。

各食材ジャンルで商品を検索できる他、卵・乳アレルギー対応のコーナーやグルテンフリーなどもメニューがあり、幅広いニーズに対応しています。

商品画面には7大アレルゲンが記載されています。食材は減農薬・有機栽培の野菜など食の安全にもこだわるオイシックスなので、アレルギーを避けながらさらに食材の安全性も信頼できるという点でポイントが高いですね。

>> オイシックスの公式サイトはこちら

 

 

アレルギー対応に力を入れている宅配食・食材宅配の見極め方

 

ここまでアレルギー対応に力を入れている宅配食や食材宅配サービスをご紹介しましたが、アレルギーがある人に使いやすいサービスには特徴があるので、まとめておきます。

ここでのご紹介は商品に貼り付けられている原材料情報ではなく、注文時、注文前の情報としてアレルギーに対しての情報をわかりやすく提供しているという点が前提となっています。

アレルギー表示27品目を表示している

アレルギー表示は特定原材料7品目の表示義務がありますが、サービスによっては献立がおまかせになっているため、メニューが表示されていないため、アレルギー7品目自体も確認できないサービスがあります。

最低でも特定原材料7品目の表示がされていて、さらに表示推奨のアレルギー原材料20品目も掲載されていると、そのサービスはアレルギーに対して配慮しているサービスと言えるでしょう。

原材料が掲載されている

特定原材料7品目しか表示できていなくても、その商品の原材料を掲載していることでアレルギー物質のチェックがしやすくなります。

基本的に原材料には27品目のアレルギーについての記載がありますので、こちらでアレルギー物質の有無が確認できます。

アレルギー自動排除機能

実際の注文時にあると便利なのがオンラインショップでのアレルギー自動排除機能、アレルギー食材の登録などのアレルギー食材を除外してくれる機能を備えているサービスです。

事前にアレルギー食材を登録しておくことでメニューに警告表示してくれるなど、アレルギーチェックがしやすくなり、安心してお買い物できます。

 

低アレルゲン食品やアレルギーを持っている人が選べるメニューや専用カタログが用意されている

特定のアレルギー食材を含まないアレルギー対応の食品やアレルギーがある人のための食品が用意されていると、アレルギーがある人には助かりますね。

パルシステムのようにアレルギー対応食品専用のカタログがあることでお買い物がしやすくなります。

微量混入(コンタミネーション)について説明がある

コンタミネーションは微量混入と言って工場などの製造ラインでの製造過程でアレルゲンになる原材料がわずかに混入してしまうことを言います。

商品自体にはえびやかにを使用していないものの、他のラインでえび、かに、さばを使用している工場で作られた食品であるといった場合に表示する説明です。

他にも小麦を使っていない商品などで調理や袋詰めされる課程で、同じ工場内で小麦が使われているため、意図せずほんのちょっと混入してしまうというような状況です。

無添加や無農薬・放射線検査といった食の安全にも取り組んでいる

アレルギーと食は切り離せないテーマです。どんな育て方をした食品なのか、無農薬や有機栽培、畜産、魚介類などの安全性に取り組んでいることはアレルギーに配慮しているサービスとして重要なポイントになります。

 

宅配食ならば単品購入ができるか

食材宅配サービスは商品を自分で選んで購入することができますが、宅配食の場合、何食かがセットになっていて献立はメーカー側が考えたおまかせという形になります。

この注文形態だと、アレルギーがあることを事前に知ることができませんし、商品が届いた時に何食か食べられないということも起きてしまいます。

単品で注文ができる、セット内容を自分で選択することができればアレルギーのある食事を避けながらも、日々の食事作りの負担を楽にしてくれます。

 

配送エリア

サービスによってはアレルギー対応に力を入れていても全国対応ではないサービスもあります。

関東・関西といった地域はどのサービスも対応していますが、北海道や東北、四国、九州、沖縄といった地域の場合は対応していないサービスもあります。

そのため配送エリアは全国対応であると住む地域に関係なくアレルギーに配慮しているサービスの利用ができます。

まとめ

アレルギーがある人に利用しやすい宅配食や食材宅配サービスをご紹介しました。

アレルギー対応に力を入れている宅配食や食材宅配サービスを活用することで、アレルギーを避けて献立を考える大変さや負担が少し減らしてくれます。

実際に宅配食や食材宅配サービスでアレルギーに対して配慮があるサービスを利用している人は自身の料理のレパートリーが増えたといったメリットもあったようです!

お子さんのちょっとしたおやつなどでもアレルギーがあると探すのが大変ですが、アレルギーに対して力を入れているサービスを一つ知っておくだけでも楽になりますね♪

おすすめしたサービスを参考に、ご家庭にあったアレルギーに配慮があるサービスを見つけてみてください!

 

\ SNSでシェアしよう! /

ミールキット・食材宅配サービス比較ランキングの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミールキット・食材宅配サービス比較ランキングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ミールキットレポ編集部

ミールキットレポ編集部

10社以上のミールキットを体験したミールキット・食材宅配サービス愛好家です♪ミールキットの料理実食レポートも更新中!