【これで決まり!】冷凍弁当ランキング

冷凍食品でダイエット!【ダイエット中におすすめの冷凍食品】

冷凍食品をダイエットに取り入れると面倒な食事管理が楽になるかもしれません。

近年の健康・ダイエット、筋トレブームに合わせて冷凍食品もヘルシー志向になってきています。コンビニやスーパーで買える冷凍食品にも低カロリー・低糖質だったり、栄養バランスが良い商品が増えていてダイエットにも取り入れやすくなりました。

でもどうやって冷凍食品をダイエットに活用したら良いでしょう?
ダイエットの基本はバランスの良い食事をしながら、消費カロリーよりも摂取カロリーを少なくすることです。そのための食事作りの時短や栄養バランスを良くしたり、カロリーや糖質、脂質を控えるなどの食事管理に冷凍食品が役立ってくれます!

編集部

冷凍食品のダイエット活用方法
  • 低カロリー、低糖質、低脂質などダイエット食として
  • 主食を冷凍ごはんに変えて糖質管理をする
  • 野菜を摂るのに活用する
  • 栄養バランスを整える副菜としてプラス
  • 1食の栄養管理をしっかりできる冷凍弁当を取り入れる

以上のような方法で冷凍食品を取り入れていくことで、自分で作る食事よりもダイエットに適した献立に調整することができます。

編集部

実際に私もダイエット中に取り入れた方法や商品を紹介しているので、冷凍食品をダイエットに取り入れていきたい人は参考にしてみてください♪

目的別ダイエットにおすすめな冷凍食品

冷凍食品は調理の手間を省いて、レンジで温めたり、そのまま調理にプラスして使える便利さが魅力。ダイエット中の食事作りやカロリー、糖質などの管理、不足しやすい栄養を補うのにも役立ちます。

低カロリー、低糖質、低脂質なダイエット食向き冷凍食品

ダイエットの基本でもあるアンダーカロリーを目指す時や摂りすぎている糖質、脂質を控えたい時に便利な冷凍食品をご紹介します!

日本ハムささみチーズカツ

鶏肉と3種のチーズを使ったカツです。タンパク質も摂れるのでおすすめ!

カロリー1個あたり:60kcal
その他の栄養情報1個あたり:たんぱく質2.5g・脂質3.8g・炭水化物4.0g・食塩相当量0.3g
内容量5個入

ニチレイ切れてるサラダチキン

スライス済みのサラダチキンが入っているので包丁やまな板もいらず、アレンジもしやすいのでおすすめ!250gと容量が多めなのも嬉しいです♪

カロリー100gあたり:111kcal
その他の栄養情報100gあたり:たんぱく質23.1g・脂質1.7g・炭水化物0.8g・食塩相当量0.9g・カリウム332mg・リン346mg
内容量250g

日本ハム豚肉野菜巻き

にんじん、いんげんをビタミンBが豊富な豚肉で巻いたおかずです。1個あたり24kcal、タンパク質も2.9g摂れます。お弁当にも使えるので便利です!

カロリー1個あたり:24kcal
栄養情報1個あたり:たんぱく質2.9g・脂質0.4g・炭水化物2.3g・食塩相当量0.3g
内容量4個入

ニチレイお弁当にGood!®かわいいミートオムレツ

手軽にタンパク質が摂れるオムレツはダイエットや筋トレ時の食事にぴったり。6個入りなので自分で個数を調整して食べられるのも良いです。

カロリー1個あたり:34kcal
その他の栄養情報1個あたり:たんぱく質1.7g・脂質1.8g・炭水化物2.7g・食塩相当量0.3g・カリウム31mg・リン26mg
内容量6個入(144g)

トップバリュCooKit 鶏肉と野菜の塩こうじ炒め

2人前のおかずが作れる献立キットのクッキットです!鶏肉と野菜がたっぷり食べられるおすすめメニューです。1袋で糖質量も25.7g、食物繊維5.9g摂れます。

カロリー1袋あたり:405kcal
その他の栄養情報1袋あたり:たんぱく質 26.1g・脂質 20.7g・炭水化物 31.6g・糖質 25.7g・食物繊維 5.9g・食塩相当量 5.6g
内容量450g

テーブルマック産若鶏ささみの梅しそ竜田揚げ

国産若鶏を使ったささみに青シソが入った竜田揚げです。梅肉ソースが使われているのでさっぱりとした味が美味しいです♪

カロリー1個あたり: 36kcal
その他の栄養情報1個あたり:たんぱく質2.5g・脂質1.9g・炭水化物 2.1g・食塩相当量0.2g
内容量6個入り

からだシフトの糖質制限冷凍食品

からだシフトは糖質を控えたい時におすすめな糖質コントロール食品を販売しています。レトルトを中心に、カレーやスープ、主食となるごはんや麺、ドレッシングなどの調味料、そして冷凍食品を販売しています。

その商品も糖質40%OFF以上のものが多く、糖質を控えたい人におすすめです。

冷凍食品もえびグラタンや肉焼売、たこ焼き、ピザ、餃子などがあり、どれも糖質を控えた低糖質食品です♪

主菜におすすめなハンバーグも低糖質に仕上がっています。

カロリー130gあたり: 273kcal
その他の栄養情報130gあたり:たんぱく質17.4g・脂質19.2g・糖質5.9g・食物繊維3.4g・食塩相当量1.8g
内容量130g

栄養バランスを整える副菜・スープの冷凍食品

栄養バランスを整えるのに副菜やスープはおすすめ。冷凍食品を活用すればサッと献立の栄養バランスを充実させてくれます。お昼のお弁当にも持っていけるのでおすすめですよ♪

ニチレイお弁当を彩る減塩3種の和惣菜

減塩に配慮した和食のお惣菜です。1個あたりカロリーは20kcal、炭水化物2.4gで、野菜もしっかり食べられます。

カロリー1個あたり:20kcal
その他の栄養情報1個あたり:たんぱく質0.7g・脂質0.8g・炭水化物2.4g・食塩相当量0.1g・カリウム29.3mg/15.0mg/18.0mg・リン8.1mg/6.9mg/18.0mg
内容量3種×2個入 (90g)

ニチレイお弁当を彩る3種のサラダ

カップにポテトサラダ、ごぼうサラダ、コーンサラダの3種類がセットになったサラダの冷凍食品です。手軽に野菜を加えられるのでダイエットにもおすすめ。

カロリー1個あたり:ポテトサラダ38kcal・ごぼうサラダ31kcal・コーンサラダ26kcal
その他の栄養情報1個あたり:たんぱく質0.6g/0.4g/0.5g・脂質2.4g/2.4g/1.7g・炭水化物3.6g/2.0g/2.1g・食塩相当量0.2g/0.3g/0.2g・カリウム33mg/19mg/29mg・リン9mg/8mg/12mg
内容量3種×2個入 (110g)

ニチレイお弁当を彩る6種の和惣菜

一人分のおかずとして作ろうと思うと手間も食費もかかるので敬遠しがちな和惣菜がセットになった商品。1品づつがヘルシーなおかずなのでダイエットにもおすすめです。

カロリー1個あたり

ひじき煮:18kcal

切干大根:18kcal

ほうれんそう胡麻あえ:19kcal

五目きんぴら:25kcal

さつま揚げと昆布のうま煮:14kcal

小松菜のおひたし:11kcal

その他の栄養情報1個あたり

ひじき煮:たんぱく質0.7g・脂質0.7g・炭水化物2.3g・食塩相当量0.2g・カリウム30mg・リン10mg

切干大根:たんぱく質0.5g・脂質0.8g・炭水化物2.3g・食塩相当量0.2g・カリウム11mg・リン7mg

ほうれんそう胡麻あえ:たんぱく質1.0g・脂質0.9g・炭水化物1.8g・食塩相当量0.2g・カリウム21mg・リン15mg

五目きんぴら:たんぱく質0.5g・脂質0.8g・炭水化物3.9g・食塩相当量0.3g・カリウム16mg・リン6mg

さつま揚げと昆布のうま煮:たんぱく質0.7g・脂質0.6g・炭水化物1.4g・食塩相当量0.2g・カリウム21mg・リン15mg

小松菜のおひたし:たんぱく質0.8g・脂質0.3g・炭水化物1.2g・食塩相当量0.2g・カリウム9mg・リン9mg

内容量6種×1個入(90g)

デリシャスKitchen 食べるスープ 和風しょうが

水なしで作れる8種類(にんじん・れんこん・ごぼう・キャベツ・たまねぎ・チンゲン菜・しょうが・たけのこ)の野菜が食べられるスープです。和風しょうがの味付けなので1食117kcalとヘルシー。さらに鶏肉の団子、春雨も入っているので食べごたえもあるのが◎

カロリー1食あたり: 117kcal
その他の栄養情報1食あたり:たんぱく質6.0g・脂質2.4g・炭水化物 18.9g(糖質16.8g・食物繊維2.1g)・食塩相当量2.6g
内容量300g

デリシャスKitchen 食べるスープ ピリ辛担々

水なしで作れる本格的な中華スープが楽しめる商品。豆板醤と辣油の唐辛子の辛味と、花椒を使っているので汗も出て体も温まります。8種類の野菜(にんじん・キャベツ・たまねぎ・ねぎ・ほうれん草・チンゲン菜・たけのこ・にら)が食べられて春雨も入っているのでこれだけでお腹も膨れる満足度が魅力。

カロリー1食あたり: 214kcal
その他の栄養情報1食あたり:たんぱく質9.9g・脂質12.6g・炭水化物 17.1g(糖質13.5g・食物繊維3.6g)・食塩相当量5.1g
内容量300g

セブンイレブン牛ホルモン焼

噛みごたえのある牛ホルモンが楽しめる1品。見た目よりも糖質が控えめなのが嬉しいです。

カロリー1食あたり:216kcal
その他の栄養情報1食あたり:たんぱく質12.5g・脂質14.9g・糖質7.5g・食物繊維0.8g・食塩相当量1.9g
内容量300g

野菜・果物を摂るのに便利な冷凍野菜

野菜や果物はカロリーや脂質も少なく、ビタミンやミネラル、食物繊維、水分補給にも役立ちますが、ダイエットでカロリーを控えようとして食事量も減ってしまうことで、野菜や果物の摂取量も不足しやすくなります。

茹でたり、炒めたりとそのまま使える冷凍野菜を取り入れれば手軽に野菜が食べられます。

野菜ミックス

複数のカット野菜が入った野菜ミックスは一度に色々な種類の野菜が食べられるので、食事の栄養バランスを充実させるのにおすすめ。炒めたり、茹でてサラダにしたり、スープに入れたりとヘルシーなダイエットスープを簡単に作ることができます。

編集部

コンビニやスーパーで手軽に購入できるので、お近くの店舗をチェックしてみてください。

セブンイレブンの肉入りカット野菜

これだけで野菜と肉が食べることができます。豚肉を使用しているのでビタミンB1補給もでき、たんぱく質も摂ることができるスグレモノ。

カロリー1袋あたり:65kcal
その他の栄養情報1袋あたり:たんぱく質2.1g・脂質4.2g・糖質3.2g・食塩相当量0.04g
内容量130g

セブンイレブンのグリル野菜

茄子、ズッキーニ、赤ピーマン、黃ピーマン、紫玉ねぎといった5種類の野菜が入っています。どれもポリフェノールが豊富で、ビタミンCや食物繊維も充実しています。調理も電子レンジで加熱することで使える手軽さもGood!

カロリー1袋あたり:50kcal
その他の栄養情報1袋あたり:たんぱく質1.6g・脂質8.3g・糖質8.3g・食物繊維3.0g・食塩相当量0.01g
内容量130g

 

単品の冷凍野菜

野菜は料理に使おうと思うと、小分けにしたり、下茹で、皮を剥いたりと手間もかかります。生の状態だと保存環境の影響を受けやすく賞味期限も短め。そのため、栄養が豊富でも調理するのが面倒に感じてしまうこともあるので、単品のカット済の冷凍野菜で手軽に栄養補給しちゃいましょう。

ローソンセレクト・ブロッコリー

カロリー1袋あたり:58kcal
その他の栄養情報1袋あたり:たんぱく質4.2g・脂質0.2g・炭水化物9.9g・食塩相当量0.1g
内容量155g

トップバリュ アンデス山脈で育った高原ブロッコリー

カロリー100gあたり:30kcal
その他の栄養情報1袋あたり:たんぱく質2.9g・脂質0.4g・糖質2.2g・食物繊維2.9g・食塩相当量0.04g
内容量135g

 

セブンイレブン 自然解凍で使えるいんげん

煮物や炒めもの、お浸しなどに使いやすいいんげんはカロリーも1本1kcal、糖質0.2gと低カロリー、低糖質な野菜です。

しかも糖やたんぱく質、脂質をエネルギーに変えるのに必要なビタミンB群、βカロテンも豊富。しかも植物性たんぱく質も充実しているので、ダイエットの心強い味方!

カロリー100gあたり:31kcal
その他の栄養情報100gあたり:たんぱく質1.8g・脂質0.2g・炭水化物5.6g・食塩相当量0g
内容量180g

セブンイレブン 解凍後すぐ食べられるオクラと長芋ミックス

ダイエットに欠かせない食物繊維がしっかり摂れるオクラと長芋がミックスされた商品。刻みおくらも使い勝手が良いですが、こちらはこの商品だけで副菜として食べられるのが魅力ですね♪

カロリー100gあたり:33kcal
その他の栄養情報100gあたり:たんぱく質1.5g・脂質0.1g・糖質5.3g・食物繊維2.9g・食塩相当量0.1g
内容量100g

 

トップバリュ オーガニックグリーンアスパラ

アスパラガスにはβカロテン、ビタミンC、E、K、B1、B2、B6、葉酸、カリウム、カルシウムとビタミン、ミネラルが充実していて、さらにアミノ酸の一種で疲労対策にも活躍するアスパラギン酸、フラボノイド色素のルチンといったファイトケミカルが含まれています。

ダイエットで運動をしている人の疲労をケアしたり、有酸素運動などのトレーニングで発生しやすい活性酸素による酸化ダメージから体を守る抗酸化作用を持つ栄養が補えます。

カロリー100gあたり:25kcal
その他の栄養情報100gあたり:たんぱく質2.8g・脂質0.3g・糖質3.7g・食物繊維1.7g・食塩相当量0g
内容量150g

 

単品の冷凍フルーツ

ビタミン、ミネラル、水分補給、さらにダイエット中の間食にも役立つ果物も冷凍食品で登場しています。果物を買ってきて切るというのが面倒な時に、冷凍庫から取り出してヨーグルトなどにプラスするだけで、朝食の栄養価が充実します。

コンビニ・スーパーで買える主な冷凍フルーツ

  • いちご:100gあたり62mgのビタミンCや葉酸、カリウム、カルシウム、マグネシウム、ポリフェノール、食物繊維など小さい実で充実した栄養が含まれている
  • ブルーベリー:ビタミンC、E、カリウム、鉄分、食物繊維、アントシアニンといった抗酸化作用を持つ栄養が豊富
  • パイナップル:疲労回復や糖質の代謝に関わるビタミンB1、抗酸化作用を持つビタミンC、ミネラルの鉄分、マグネシウム、カリウム、食物繊維に加えてタンパク質分解酵素のブロメライン
  • オレンジ:トレーニングに欠かせないビタミンC、カリウムが充実。
  • マンゴー:βカロテン、E、B群、C、カルシウムやカリウム、食物繊維など
  • ぶどう:ブドウ糖が豊富なので素早くエネルギー補給ができる。アントシアニン、レスベラトールなどのポリフェノールが豊富
  • チェリー:鉄分が豊富でビタミンA、C、B1、B2、カルシウム、カリウム、アントシアニンやフラボノイドといったポリフェノールが含まれている
  • メロン:βカロテン、カリウム、ビタミンC、E、D、B1、B2、ナイアシン、葉酸が含まれている

編集部

今はセブンイレブンやローソンでも冷凍フルーツが充実しているのでチェックしてみてくださいね。

セブンイレブンの冷凍フルーツ

セブンイレブンの冷凍フルーツはいちご・ブルーベリー・パイナップル・オレンジ・アップルマンゴー・ぶどう・チェリー・メロンの8種類、自然解凍で食べられるのでお気に入りのフルーツを取り入れましょう。

中でもブルーベリー、オレンジ、いちごは不足しやすいビタミンCが豊富ですのでおすすめです。

ローソンの冷凍フルーツ

ローソンの冷凍フルーツはアップルマンゴー・いちご・ミックスベリー・ゴールデンパイナップル・ブルーベリー・ぶどうの6種類。袋にチャックが付いているので、開封後も鮮度キープがしやすいのが魅力。

ビタミンC、ポリフェノールの補給に役立つミックスベリー、ブルーベリーに加えて、皮ごと食べられるぶどうは忙しい時、運動前後の糖質補給に役立ちます。

ファミリーマートの冷凍フルーツ

ファミリーマートの冷凍フルーツはサンゴールドキウイ・白桃・マンゴー・ブルーベリー・ぶどう・いちごの6種類・アメリカのDole商品に加えて、キウイも食べられるのが嬉しいポイント。特にゴールドキウイはビタミンCやカリウムが豊富で食物繊維も含むダイエット中におすすめなフルーツです。

自分でキウイを買ってくると皮を剥いて切ったりと面倒ですが、サイコロ状にカット済なので、ヨーグルトのトッピングやスムージーの材料などにも使いやすいので便利です♪

主食で糖質管理をしたい人におすすめな冷凍食品

糖質を控えてダイエットをしている人におすすめな主食の冷凍食品です。冷凍食品は1食分の量が決まっているので、食事管理がしやすく食べすぎを防ぐのにもおすすめ。低GI食品のそばや糖質に配慮した低糖質ごはんなどを選ぶとさらに糖質管理がしやすくなります。

石臼挽き日本蕎麦3食(五割)

石臼挽きの本格的なお蕎麦が楽しめます。のどごしも良くツルッとした食感は冷凍だと感じさせない美味しさでした。

カロリー1食あたり: 231kcal
その他の栄養情報1食あたり:たんぱく質10.1g・脂質1.6g・炭水化物 44.0g・食塩相当量0.04g
内容量3食入り480g

からだシフト 3種の海苔巻きおにぎり

からだシフトには糖質コントロールされた、うどんやピザ、お好み焼き、おにぎりが販売されています。中でも3種の海苔巻きおにぎりは主食の糖質を無理なく控えたい時におすすめですよ。

カロリー1個あたり:鮭95kcal・昆布97kcal・マヨ風味ツナ106kcal
その他の栄養情報1個あたり:たんぱく質2.2g・脂質0.7g・糖質18.9g・食物繊維2.0g・食塩相当量0.6g
1個あたり:たんぱく質1.3g・脂質0.5g・糖質20.6g・食物繊維2.4g・食塩相当量0.9g
1個あたり:たんぱく質1.5g・脂質1.8g・糖質19.9g・食物繊維1.9g・食塩相当量0.5g
内容量240g

 

1食で栄養管理ができる冷凍食品

ダイエットではごはんなどの主食、メインとなるタンパク質を摂るための主菜、ビタミンやミネラル、主菜で不足した栄養を補う副菜、汁物といった献立全体のバランスがとても重要。でも忙しい毎日の中で食事管理をするのが面倒な日もありますよね。

そんな時には1食で栄養管理ができる食事セットを活用するのもおすすめですよ♪

トップバリュごはんの約半分にカリフラワーを使った赤しそごはんと蒸し鶏のごまだれ

こちらもごはんの半分にカリフラワーを使用した商品。さらに主菜が蒸し鶏のごまだれとタンパク質もしっかり摂れて、ごまやしそなど抗酸化力の高い栄養が摂れるのも嬉しいです♪

カロリー1袋あたり:304kcal
その他の栄養情報1袋あたり:たんぱく質 15.1g・脂質 12.8g ・炭水化物 34.4g・糖質 29.9g・食物繊維 4.5g・食塩相当量 2.2g
内容量268g

トップバリュごはんの約半分にカリフラワーを使ったチキンピラフとトマトソースハンバーグ

糖質に配慮したシリーズでごはんの約半分にカリフラワーを使用しているので食べごたえもありつつ、糖質を抑えています。さらに主食と主菜のセットなので1食単位で利用できるためコスパも良し!

カロリー1袋あたり:304kcal
栄養情報1袋あたり:たんぱく質 15.1g・脂質 12.8g・炭水化物 34.4g・糖質 29.9g・食物繊維 4.5g ・食塩相当量 2.2g
内容量279g

セブンイレブン野菜を食べるスパゲッティバジルソース

セブンプレミアムの野菜を食べるシリーズは成人の1日の摂取目標120gの緑黄色野菜がたっぷり入ったパスタ。野菜がたっぷりなので炭水化物を食べる時に糖の吸収を抑えられるので手軽にダイエット向けなパスタを食べたい時に便利。

こちらのシリーズはトマトクリームもあります。

カロリー1食あたり: 385kcal
その他の栄養情報1食あたり:たんぱく質11.1g・脂質18.6g・糖質40.5g・食物繊維5.4g・食塩相当量2.0g
内容量300g

ローソン野菜を食べるガパオライス

ローソンにも野菜がしっかり食べられる「野菜を食べるシリーズ」があります。こちらはタイ料理のガパオライスに120gの野菜が使われています。

こちらのシリーズはビビンバやトマトソースパスタ、ほうれん草クリームなど種類が豊富です。

カロリー1食あたり: 353kcal
その他の栄養情報1食あたり:たんぱく質13.4g・脂質9.0g・糖質51.8g・食物繊維2.3g・食塩相当量5.4g
内容量320g

ダイエット中の食事管理に役立つ冷凍弁当サービス

ダイエット中の食事管理をもっと簡単にしたい人は通販の冷凍弁当サービスもおすすめです!7食セットなど、まとめて届くので買物に行く手間も省けますし、何より献立の種類が多くて飽きずに続けられます♪

サービス名カロリー糖質脂質1食の価格コース名
nosh170Kcal~5.6g~7.2g~499円~全メニュー
マッスルデリ350〜450kcal35g以下15g以下940円~LEAN 減量用
ニチレイフーズダイレクト200Kcal~5~20g5~15g940円糖質気配りコース
ウェルネスダイニング約240Kcal15g以下694円糖質制限気配り宅配食
食宅便約250Kcal6g以下8~18g560円低糖質セレクト
ワタミの宅食ダイレクト約250Kcal556円塩分カロリーケア

>> 今すぐダイエット向けな冷凍弁当サービスをチェックしたい人はこちら

冷凍食品をダイエットに取り入れるメリット8つ

冷凍食品をダイエットに取り入れるメリットは多いです。実際にダイエットに冷凍食品を取り入れてみた体験を元にピックアップしてみました!

冷凍食品をダイエットに取り入れるメリット
  • いつもの食事でダイエットができる
  • カロリー・糖質の情報が把握できる
  • 販売している場所が多いので手軽に購入できる
  • 食事の準備が電子レンジで温めるだけだから楽
  • お弁当のおかずでもダイエット弁当ができる
  • 家族が居ても一人でダイエットができる
  • 一人暮らしなら食費のコストを抑えるのにもおすすめ
  • 賞味期限が長いから腐らせる心配が無い

編集部

冷凍食品や冷凍弁当はダイエットをしているけど、なかなか食事管理が上手くいかないという人の栄養管理に役立ってくれます。

いつもの食事でダイエットができる

ヘルシーな冷凍食品を選ぶことで特別な食事を用意することなく、いつもと同じ食事をしながらカロリーや糖質を控えることができます。

カロリー・糖質の情報が把握できる
自炊をしていると料理のカロリーを把握するのが難しいです。ダイエットは食事の記録をすることも重要です。冷凍食品は1個あたり、100gあたりといった形で栄養表示が記載されているため、食事管理がしやすくレコーディングダイエットにも取り入れやすいです。

販売している場所が多いので手軽に購入できる

冷凍食品は

  • コンビニ:セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート・ミニストップ・サークルKサンクスなど
  • スーパ
  • ドラッグストア
  • インターネット通販

など様々な場所で購入できるため、自分の生活スタイルに合わせて手軽に購入できます。

食事の準備が電子レンジで温めるだけだから楽
一人暮らしや仕事が忙しい人は食事の準備が面倒という人も多く、さらにダイエットに適したおかず、惣菜を用意する手間も加わると、食事の準備で挫折してしまうことも。その点、冷凍食品は電子レンジで数分温めるだけで食事の準備がとっても簡単で楽なのも継続が重要なダイエットに適しています。

お弁当のおかずでもダイエット弁当ができる
昼食のお弁当にも冷凍食品を入れている人は多いです。ヘルシーな冷凍食品を取り入れることでランチやコンビニ食などカロリーや糖質が多くなりがちな昼食でもダイエットに適したお弁当が用意できます。

家族が居ても一人でダイエットができる
家族に一人だけダイエットをしているという場合にも冷凍食品があると便利。レンジで温めるだけでおかずの準備ができるので、一人分だけ別メニューを作る調理の手間も無く、食事の準備をお願いしている人も気を使わずに済みます。

一人暮らしなら食費のコストを抑えるのにもおすすめ
一人暮らしの食費を抑えるなら安い食材で自炊をするのが良いですが、一人分の料理のために食材を買ってきても使い切れない、腐らせてしまうといった食品ロスによる食費のムダも抑えられます。

賞味期限が長いから腐らせる心配が無い
冷凍食品の賞味期限は長いもので3ヶ月以上あるものも珍しくありません。一度購入しておけば食べたい時に解凍するだけで良いですし、ストックとしても役立ちます。

冷凍食品は太る?

冷凍食品って便利だけどカロリーや糖質が多いイメージがあります。冷凍食品ばかりだと太るという人もいますがダイエットにも活用できるんでしょうか?
主菜や副菜、主食との組合わせによる影響が大きいです。お米やパスタなど主食にさらに糖質多めなおかずを食べるといった選び方だとカロリーも多くなってしまうので、カロリーが高いものを食べる時にはその他のおかずを減らすなど調整をする意識が必要です♪

編集部

市販の冷凍食品は1食分のおかずとしてカロリーが摂れるような内容のものが多いため、食べすぎは禁物です。

小ぶりの冷凍食品はつい食べすぎてしまいますので、1個あたりのカロリーや糖質などを把握した上でお皿に取り分けて献立として計算して食べましょう。

また、主菜になる冷凍食品だけでなく副菜で野菜などを多く使ったものを取り入れることで1食のカロリーや栄養バランスの調整にも役立ちます。

添加物は安全?

冷凍食品には添加物が沢山使われている印象があるのですが安全なのでしょうか?
添加物は冷凍食品以外にも食品を加工する工程で必要に応じて使用されます。添加物自体は無いに越したことはありませんが、安全面では厚生労働省の認可、食品安全委員会が安全性を評価した上で「人の健康を損なうおそれのない範囲」と認められた規定の量で使用されているものです。

編集部

食品添加物には着色料や香料、保存料などがありますが、冷凍食品の中には人工保存料や着色料不使用という食品もありますので、購入する際には原材料情報を確認するのが良いでしょう。

冷凍食品選びのポイント

糖質やカロリーだけでなく栄養バランスを意識する

冷凍食品ではカロリーや糖質といったものに目が行きますが、低カロリーや低糖質なだけではダイエットは長続きしませんし、必要な栄養を摂ることができないため、痩せにくい体になってしまうことも。

冷凍食品を取り入れる場合には1食の栄養バランスを考えつつ、たんぱく質や糖や脂質の代謝を促してくれるビタミン、ミネラル、食物繊維などが摂れるものを選ぶことで健康的なダイエットに取り組めます。

食物繊維を摂るのに活用

冷凍食品というと、唐揚げやハンバーグといった主菜になるようなおかずをイメージしますが、最近では冷凍野菜、冷凍果物があります。副菜に野菜をプラスしたり、果物を加えることで食物繊維やビタミン、ミネラルの補給にも役立ちます。

また、冷凍果物を持っていくとお菓子やデザートを食べるのを控えられるのでおすすめです。

塩分控えめメニューを選ぶ
冷凍食品に含まれるナトリウム(塩の主成分)は食材を長持ちさせる天然の保存料としての役割があるため中には塩分が多いものがあるので注意しましょう。

おすすめしたい冷凍食品の種類

  • チキンソテー:唐揚げなどよりも糖質が少ないのでダイエット向き
  • 餃子:見た目よりも糖質は控えめで肉、野菜と栄養が摂りやすい。ご飯の食べすぎに注意
  • 冷凍タイプのもずく:ダイエット向けなもずくも冷凍タイプがある
  • そば:麺類が食べたい時にパスタやラーメンよりも糖質が少ない
  • 冷凍野菜:刻みオクラ、ブロッコリー、いんげん、ミックスベジタブル、枝豆、アスパラ、茄子、じゃがいも、ほうれん草など緑黄色野菜が摂れるのでおすすめ
  • 冷凍果物:コンビニ・スーパー・通販でも購入できるので食事の栄養バランスを摂る、間食の置き換えにおすすめ

編集部

ダイエットの定番である鶏肉を使った商品は各メーカーレパートリーも豊富なので、うまく活用したいですね♪

コンビニの冷凍食品を活用してダイエットをしよう

近年はコンビニも冷凍食品に力を入れています。店舗数も多いので仕事帰りに買って帰ることができるので、とっても手軽。ダイエット向けな商品をチェックしておくことでダイエット中の食生活をサポートしてくれます。

おすすめはやはり自社商品が充実しているセブンイレブンとローソン。店舗数も多いのでどこでも手に入れやすいのが魅力ですよね。

セブンイレブンは冷凍食品も充実

セブンイレブンのオリジナルブランド「セブンプレミアム」は美味しくて種類も豊富です!鶏肉料理を筆頭に和食惣菜や豚の生姜焼き、海老チリソース、ぶ厚いお好み焼、甘辛だれの牛ホルモン焼、野菜を食べるシリーズなど見た目よりもヘルシーでダイエット向けな商品が揃っています。

冷凍ミールキットや冷凍野菜も充実。冷凍フルーツの種類も大手コンビニ3社の中でも一番種類が多いです。

ローソンは糖質制限の味方

ローソンはコンビニの中でいち早く糖質制限に着目した低糖質シリーズ、ブランパンなどを展開しています。オーガニック志向な方にも嬉しい商品も多いのでダイエットと共に体が喜ぶ食事を取り入れたい人はローソンの食品、冷凍食品や冷凍野菜、冷凍果物をチェックしてみてください。

通販の冷凍食品は種類が豊富でダイエットにもおすすめ

今や身近になったインターネット通販もダイエットをする上では欠かせません。

コンビニやスーパーと違い、様々な店舗が出店しているため、低糖質な商品も充実。まとめ買いで食費を抑えられるのでうまく活用していきましょう。

通販の冷凍食品のおすすめは

  • パンや麺・ご飯などの低糖質シリーズ
  • ダイエットスイーツ
  • 1食で食事管理ができる冷凍弁当

この3つはダイエットに役立つのでチェックしましょう!

徹底してカロリーを管理したい方は冷凍弁当宅配サービス

ナッシュの外箱

ダイエットでしっかり目標を達成したい人におすすめなのが通販の冷凍弁当です。

冷凍弁当のおすすめポイント
  • 1食単位で購入できるので食事管理が楽
  • 管理栄養士が監修したダイエット向けコースがある
  • まとめ購入でストックしておくので余計な買い物をしないで済む
  • おかずの冷凍食品よりも手作り感があって美味しい

編集部

ダイエットをテーマにしている冷凍弁当サービスは多く、コース選択の中でも糖質やカロリーに配慮したメニュー、トレーニングを頑張っている人向けの高タンパクメニューを用意しているサービスもあるので、目的に合わせて活用することで、ダイエットを効率良く進められますよ♪

ダイエットに役立つおすすめ冷凍弁当サービス2選


全メニュー低糖質な糖質制限専門のnosh

ココがおすすめ
  • 全メニューが低糖質なダイエットにピッタリな冷凍弁当
  • 管理栄養士が考えた献立をプロの料理人が調理しているから美味しい!
  • 和・洋・中のメニューが豊富で好きなメニューを選んで注文できる
  • リゾットやスープ、デザート、スムージーと軽食、間食にぴったりなメニューが充実
  • 続ければ続けるほどお得になるnosh clubは割引率最大12%

 

低糖質デザートは他の通販サービスと比較しても美味しくて本格的です!朝食や昼食の置き換えにぴったりなスムージーにはスーパーフードも入っているので美味しくて健康や美容にも嬉しいです♪

 

セット料金6食4,190円・8食5,162円・10食6,134円(税込)
形状冷凍・ワンプレート容器
メイン料理の品数主菜+副菜3品
送料ヤマト送料に準ずる(例:8食セット、関東1,078円・関西935円)
配送エリア全国対応
初回特典初回500円割引中
※基本的に定期便での利用ですが1回の注文でも休止・スキップ可能

編集部

ダイエットをしながら美味しい本格的な料理が楽しめるおすすめのサービスです。提供される料理は科学的にも根拠のあるダイエットメニューとなっているため、いつもの食事で無理なく減量ができるのが魅力となっています!

\ 公式サイトでCHECK! /
ナッシュの公式ページはこちら


ニチレイフーズの冷凍弁当サービス!ニチレイフーズダイレクト

ココがおすすめ
  • カロリー制限、糖質制限、脂質制限などダイエット向けな制限食コースが充実
  • しっかり食べたい人にも嬉しいボリュームのある食事
  • ご飯付きメニュー「ウーディッシュ(ご飯付きで320kcal以下)」はダイエット中のお弁当にピッタリ
  • Amazonアカウントでも購入できる
  • 各コースにお試しセットがあるから初めての人でも安心

セット料金7食5,500円
形状冷凍・ワンプレート容器
メイン料理の品数主菜+副菜4品
送料880円※5,000円以上の注文で送料無料
配送エリア全国対応
お試し4食2,980円・送料無料

編集部

冷凍食品の老舗メーカーニチレイフーズが運営する冷凍弁当の宅配サービスです。メニューも豊富で様々な制限食にも対応。味はニチレイフーズのノウハウが詰め込まれているため、美味しく食べごたえもあるのが◎

大人気の気くばり御膳は1食5〜6品と品数も多いのでダイエット中でもしっかり食べたい人にもおすすめですよ♪

\ 5,000円以上で送料無料! /
公式ページはこちら
ニチレイフーズダイレクトの宅配弁当を体験!【通販で買える冷凍惣菜の評判・口コミ・実食レポート】

こちらも注目!ダイエット向けな宅配食


ウェルネスダイニング

制限食に特化した冷凍弁当の人気宅配サービスです。管理栄養士の無料食事相談が何度でも受けられるのも魅力です。

\ 初回送料無料! /
公式ページはこちら
ウェルネスダイニングの口コミ・評判は?【必ずチェック!お得に買う方法】


スギサポdeli
スギ薬局が運営するヘルシーな宅配食です。カロリー・塩分調整が同時にできるダイエット向けなコースに肉メイン、魚メインといったセットが多くて飽きずに続けられます。

\ 栄養士さんに相談可能! /
公式ページはこちら
スギサポdeliは美味しい?口コミ・評判まとめ【食事制限メニューの価格・送料・キャンペーンの内容をレポート!】


食宅便

コスパも良く品数も豊富な冷凍のおかず宅配です。低糖質セレクトは7コース、カロリーケアコースは主食と一緒に食べて、1食400kcal以下、530kcal以下になるように考えられたコースなど種類が豊富なのが魅力です。

食宅便(日清医療食品)の口コミは?美味しい?【実際に注文して食べてみた】


マッスルデリ

マッスルデリはアスリートにも愛用者がいる冷凍弁当で、低糖質かつ高タンパクで、筋肉作りに適した食事を賄えます。
他のダイエット食よりも価格はやや高めですが、トレーニング中には特におすすめ。
筋トレをして負荷をかけた体は、筋肉を作るための栄養を補わないと非効率です。ダイエットするには一定の筋肉量が必要なので、筋トレをしながらマッスルデリの食事を食べるのがおすすめです!

\ 筋トレ中にイチ押し! /
公式ページはこちら

まとめ~冷凍食品はダイエットにも役立つ!

ダイエットに役立つ冷凍食品、冷凍弁当をご紹介しました!

冷凍食品は一人暮らし、料理が苦手な人、共働きの家庭、毎日お弁当作りをされている方に便利なものですが、ダイエットをしたい人にもおすすめな商品が登場しています。

冷凍食品をダイエットに取り入れるコツまとめ
  • 主菜だけでなく副菜を取り入れることで1食の栄養バランスがよくなる
  • カロリーが高めな冷凍食品は他のおかずを控えるなど調整
  • 冷凍食品のカロリーや糖質をチェックして記録することで食事管理ができる
  • 冷凍野菜、冷凍果物を活用する
  • 1食まるまるカロリー、糖質管理ができる冷凍弁当がダイエットに役立つ!

編集部

冷凍食品や冷凍弁当を取り入れればダイエット中の食事準備の手間を大きく解消してくれます!食材の日持ち管理もしなくて良いので腐らせる心配も減らせるので食費のムダも省けるのでおすすめです♪

ダイエット向けな冷凍食品を活用して目標達成を目指しましょう!

ダイエットに役立つ冷凍弁当サービスのランキングはこちら!

糖質制限弁当宅配おすすめランキング【通販で買える低糖質食まとめ!】 ダイエット食宅配【カロリー制限食におすすめのお弁当】 筋肉弁当宅配【ボディビル・ボディメイク向きな食事】

※画像出典:ニチレイフーズ公式サイト・ニッポンハム公式サイト・ニッスイ公式サイト・トップバリュ公式サイト・セブンイレブン公式サイト・ローソン公式サイト・からだシフト公式サイト・ファミリーマート公式サイト