nosh(ナッシュ)

ふすまパン【noshのパンメニュー】冷凍で届く低糖質パンの味は?

nosh(ナッシュ)の主食メニューの一つ「ふすまパン」を実食しました!

今までnoshは主食メニューにはリゾットのみでしたが、新たにパンメニューもプラスされました。コンビニでも低糖質パンは人気が高く、ダイエット中の人でも食べやすいのが魅力です。でも低糖質なパンというと、ちょっと口当たりがボソボソとしていたり、弾力が少なかったりと、通常のパンと比べて物足りない面もあります。

そんな低糖質パンをnosh流に仕上げると、どんな味わいになるのか期待大でした!

こちらではそんなnoshのパンメニュー「ふすまパン」の原材料や添加物の内容、カロリーや糖質量、食べてみた感想を口コミとしてお伝えしていきたいと思います。

ナッシュのパンメニュー「ふすまパン」の内容

noshのパンは他のメイン料理やスープ、リゾット、デザートなどと同様に冷凍状態で届きます。冷凍パンの通販もネットで人気がありますが、それと同様に保存がしやすくて、食べる前に解凍することでいつでも美味しいパンが食べられるのが特徴です。

ふすまパンは「ブランパン」と呼ばれるローソンなどでも人気の低糖質パンです。

ふすまパンの主役である、小麦ふすまは、本来小麦粉として使う場合には使われない小麦の表皮ですが、この表皮には食物繊維やビタミン、ミネラルなど栄養も豊富で、小麦よりも栄養があると言われています。

そしてなんといってもふすま粉を使ったパンは糖質が小麦粉で作ったパンと比較して、かなり低糖質です。市販のパンと比較すると糖質8〜90%カットになっていることもめずらしくありません。

しかもふすまパンは、食物繊維が食パンの約4倍とも言われていて、さらに塩分も控えめなのが特徴です。そのため、普段食べている一般的なパンをふすまパンに変えるだけで、糖質とカロリーを簡単にカットできますし、しかも栄養面も充実。ダイエットをしている人にピッタリなパンです。

noshのふすまパンは3個入りで1袋になっています。

ふすまパンの原材料

ふすまパンの原材料

植物性たん白、卵、大豆粉、食用こめ油、小麦ふすま、澱粉、パン酵母、ぶどう糖、植物油脂、食塩、コーンスターチ、粉末米酢、コーンシロップ発酵粉末

※一部に小麦、卵、乳、大豆を含みます。

使用している食品添加物

加工でん粉、増粘多糖類、増粘剤(アルギン酸エステル)、乳化剤、甘味料(ステビア)

カロリー|栄養表示成分


カロリー83kcal・たんぱく質6.6g・炭水化物7.4g(糖質2.4g)・脂質1.6g・食物繊維5.0g・塩分0.2g

※1個あたり

内容量:3個

管理人
管理人
1個あたりのカロリーは83kcal、糖質も2.4gと低糖質に仕上がっています!3つ食べても糖質7.2gなので糖質を控えたい時にも安心して食べられますね。小麦ふすまを使っているので、食物繊維が1個あたり5.0gと豊富です!一般的なパンよりもヘルシーで食物繊維も食べられる体に嬉しいパンだという印象です!

保存方法

保存:冷凍保存(マイナス18度以下で保存)

未開封状態で保存しましょう。

賞味期限

賞味期限:約3ヶ月

※到着時の日付から計算

解凍後、開封してからは当日中

解凍方法〜食べる準備

noshのふすまパンの食べる準備はとっても簡単。保存している時は冷凍庫など冷凍で保存しておき、食べる前に冷凍庫から出して常温で自然解凍します。

noshの公式サイトでは冷凍庫から出して45分ほどで解凍が済むということでした。

実際に解凍した時のふすまパンの状態をご紹介します。

まずは冷凍状態のふすまパンです。食べる時間を見越して冷凍庫から出しておきます。部屋の温度は21度です。

冷凍庫から出して約15分ほど経過した時は、まだ包装内に湿気がある様子でした。後少しという感じです。

触ってみるとまだ少しヒヤっとしています。

それから目安時間の45分時点になってみると、問題無く解凍されているようです。特に何か気をつけることもなく、テーブルの上においておきましたが、ちゃんと解凍が済んでいます。

解凍までの時間は部屋の温度にもよりますが、1時間ほどあれば解凍が済むかと思います。開封して手で触ってみてパンがふわっとしていれば問題無いと思いました!

袋を開けてみると、パンの香りもしっかりと感じられました。自然解凍ですが、湿気があることもなく、食べごろになっています♪

開封後、再度冷凍しても大丈夫?

nosh公式サイトでは、未開封の状態なら再度、冷凍することは品質上問題は無いとしているものの、一度、解凍・開封してから再度、冷凍することは勧めていません。

開封後は雑菌などの繁殖の可能性もありますので、開封後は当日中に食べるようにしましょう。

 

noshのふすまパンの実食レポート

自然解凍が終わってからお皿に移しての実食です♪手のひらサイズの大きさで食べごたえがありそうです。

持った感じは重さはそこまで無く、表面も柔らかい手触りなので、ふわっと軽めなパンかな?という印象でしたが、パンを2つに割ってみると、パンのモチモチした感触が良くわかります。手でちぎろうとすると生地がしっかりと伸びていました。

原料に大豆粉などを使っているためか、弾力がしっかりとありながらボソボソとしていないのが良いですね♪食べてみると、しっかり弾力があって噛みごたえも十分。もちもちした食感と、香りの良い飽きのこない素朴な味わいが楽しめます!

noshのふすまパンは小麦の皮を焙煎して香ばしさを高めていて、さらに、最先端の製粉技術で細かくしたものを使用しているとのことで、口当たりはふんわりとモチモチ、柔らかくてボソボソしていません。

シンプルなふすまパンですが、糖質でも美味しく食べられることを考えたnosh流のこだわりが感じられる仕上がりでした!

自然解凍が終わってから1時間ほど経ってから食べてもパンはモチモチしていましたよ♪

ジャムやバターなどを塗っても良い?

ジャムやバターなどを塗ったら、とっても美味しくなるのは間違いないですが、ダイエット中など糖質を控えたい人は、そのまま食べるのがおすすめです。

トースターで温めても美味しい?

ふんわりとした食感を楽しむならそのまま食べるのがおすすめですが、トースターで焼くことで表面がパリっとした食感になります。ただし、トーストしすぎるとせっかくのモチモチした食感が損なわれるので、個人的にはそのまま食べるのがおすすめかなと思いました!

温かいパンがお好みの方は30秒〜1分くらい軽くトーストするくらいがちょうど良いかもしれません。

アレンジ次第で様々な食べ方ができる

noshのふすまパンはそのまま食べてもおいしいですが、スープやサラダなどと一緒に食べれば低糖質で充実した食事になります。味自体もクセがなく、素朴な風味で食べ物の味を邪魔しません。そのためパンをカットして野菜とチーズなどを挟んで食べたり、シチューやコーンスープなどスープに付けて食べるなどアレンジ次第で色々な食べ方ができます。

まとめ~食べごたえがあって低糖質!小腹が減った時にもおすすめなパン

noshの主食メニューの一つ、ふすまパンの実食レポートをお伝えしました。

管理人の感想としては

  • ボリューム:1つでもしっかり食べごたえがあるので、3個食べれば、かなりお腹が膨れます!この食べごたえで糖質が2.4gというのに驚きですし、嬉しいポイントです。
  • 味の感想:小麦ふすまの香ばしい香りがしっかり感じられて、ボソボソしがちなふすまパンをモチモチに仕上げていて美味しかったです♪
管理人
管理人
糖質が高くなりやすいパンを低糖質に仕上げたふすまパンなので、小腹が空いてしまった時にも安心して食べられます♪

パンが好きな人は色々なタイミングでパンを食べることが多く、食事にもプラスすることも多いですよね。そんな時にも糖質を控えられるのは嬉しいポイントだと思いました!しかも食物繊維が5.0gと豊富なのでお通じのリズムにも良いのが嬉しいですね。

冷凍状態で届きますが、解凍は自然解凍で良いため、食べる時に冷凍庫から取り出しておけば、数時間で食べごろになる手軽さも良かったです!

カロリーを控えたい人、糖質制限中の人、健康や美容に気を配りたい人は、noshのふすまパンを一度、お試ししてみてはいかがでしょう?

noshは低糖質な料理やデザートを提供していますが、主食メニューもしっかりと糖質を控えたメニューが用意されているので、日々の健康維持を考えた食生活にも役立ってくれます。

>> 公式サイトでnoshのふすまパンを見てみる

nosh(ナッシュ)の口コミは?【実際に注文して食べてみた体験レポまとめ】低糖質な食事を提供してくれるnosh-ナッシュの10食プランを注文して食べてみました! 管理栄養士による栄養面の監修と、一流の料理...
ABOUT ME
ミールキットレポ編集部
ミールキットレポ編集部
10社以上のミールキットを体験したミールキット・食材宅配サービス愛好家です♪ミールキットの料理実食レポートも更新中!