食宅便

鱈(タラ)のカニあんかけと豚肉の野菜旨煮【食宅便のメニュー】

食宅便(日清医療食品)のおまかせメニュー「低糖質セレクトA」の7食のメニューの中の「鱈(タラ)のカニあんかけと豚肉の野菜旨煮」を実食しましたので、献立の内容、原材料や栄養表示、食べた感想などの情報を交えた宅配食事のメニューリポートをお伝えします。

鱈(タラ)のカニあんかけと豚肉の野菜旨煮を実食|口コミ・体験談

冷凍状態の鱈(タラ)です。

温め終わった鱈(タラ)のカニあんかけと豚肉の野菜旨煮です。

おかず・献立内容

鱈(タラ)のカニあんかけと豚肉の野菜旨煮のおかず内容は

  • 主菜:鱈(タラ)のカニあんかけ
  • 副菜:豚肉の野菜旨煮・彩り野菜のカレー和え・いんげんのベーコン炒め・葉大根のお浸し

という内容となっていて、主菜・副菜合わせて5品のおかずが楽しめます。

原材料

[surfing_su_box_ex title=”原材料名” box_color=”#ffa23d” radius=”9″]
原材料:スケソウダラ、豚肉、小松菜、野菜ミックス(ズッキーニ、なす、赤パプリカ、黄パプリカ、その他)、サヤインゲン、大根葉、白菜、大豆油、かにフレーク、ベーコン、人参、緑ピーマン、顆粒中華風だし、濃口醤油、清酒、和風調味液、発酵調味料、顆粒和風だし、なたね油、果実調味料、オリーブオイル、ごま油、乾燥しいたけ、中華スープの素、上白糖、豆板醤、顆粒洋風だし、食塩、白こしょう、カレー粉
その他:増粘剤(加工デンプン)、調味料(アミノ酸等)、加工デンプン、ソルビット、pH調整剤、リン酸塩(Na)、酸味料、酸化防止剤(V.C)、発色剤(亜硝酸Na)、着色料(コチニール、カラメル)、香辛料、(一部に小麦・卵・乳成分・かに・牛肉・ごま・さば・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチン・魚醤(魚介類)を含む)
[/surfing_su_box_ex]

カロリー|栄養成分表示

1食225gあたり
エネルギー203kcal・たんぱく質15.8g・脂質12.6g・炭水化物6.5g(糖質5.1g・食物繊維1.4g)・食塩相当量1.9g
1食の内容量は今回の7食セットの中では多いですが、カロリー自体は203kcal、糖質も5.1gとヘルシーで低糖質な内容です。

内容量

1人前:225g

保存方法

冷凍(マイナス18℃以下で保存)

料理方法

電子レンジによる解凍
解凍時間の目安は電子レンジ:700w約3分30秒・500w4分00秒

賞味期限

冷凍保存で約11ヶ月

価格

食宅便のおまかせコースのメニュー低糖質セレクトA:3,920円(税込)・1食あたり560円(税込)

食事の準備

電子レンジで温めると、かにのあんかけの香りがふわっと広がりました。

主菜の鱈(タラ)のカニあんかけです。付け合せに小松菜が添えられています。

副菜の豚肉の野菜旨煮です。こちらもとろみのある出汁に野菜や豚肉が絡んでいて美味しそうです♪

副菜のいんげんのベーコン炒めです。緑の野菜もしっかりと入っていますね。

副菜の彩り野菜のカレー和えです。カットされた茄子が目立ちますね。
パプリカなども含まれていて、これだけでも品目が多いので、栄養バランスが偏りがちな方に嬉しい献立という印象です。

最後の副菜の葉大根のお浸しです。他の献立のほうれん草のお浸しと違い、解凍しても水分は少なめに見えます。

鱈(タラ)のカニあんかけと豚肉の野菜旨煮を実食

器に盛り付けると、食材の品目も多めな和食系料理という印象で、見た目も彩りがあって美味しそうです。
主菜の鱈のカニあんかけです。

あんかけにはカニフレークが見えます。小松菜にもたっぷりとあんかけを含んでいるのがわかります。

鱈は見た目以上に柔らかに仕上がっています。
箸でスッとほぐれる柔らかさで噛む力が衰えてきた方でも美味しく食べられると思います。

白身にカニあんかけがたっぷりと絡んでいます。

付け合わせの小松菜です。こちらもたっぷりのあんかけを吸っていて口にいれるとじゅわっと広がるので、付け合せですが、美味しく主菜の満足度を高めてくれています。

次は副菜です。
豚肉の野菜旨煮です。人参、白菜、ピーマン、豚肉といった内容です。

豚肉は細切りです。柔らかく煮込まれています。低糖質メニューだからこそ御飯も楽しめるおかずという味わいです。

人参は薄めにカットされているため、柔らかく食感もありながらも食べやすいです。

ピーパンも細切りです。細かくカットされていますが、ピーパンの風味はしっかりと感じます。

次の副菜はいんげんのベーコン炒めです。

ベーコンの塩分に洋風な仕上げによってまろやかな味わいです。

ベーコンは細かめにカットされているため、食べやすいです。細かい分、口の中でベーコンの香りも広がります。

インゲンも食感は残しつつも柔らかく仕上がっているので、ご年配の方でも楽しめるかと思います。

次の副菜、彩り野菜のカレー和えです。
茄子や赤ピーマン、黄ピーマンが入っていました。味付けはカレー風味です。

茄子は食べた時にじゅわっとカレーの風味を感じる柔らかさです。

小さめにカットしてあるので、食べやすいです♪

赤ピーマンと黄ピーマンです。こちらも小さめにカットされている他、柔らかく仕上がっていました。

最後の副菜の葉大根のお浸しです。

葉大根のお浸しは解凍後も水気が少なくてシャクシャクと葉大根の食感を楽しめる仕上がりで美味しかったです。
個人的には葉物の副菜(ほうれん草や小松菜の和え物、お浸し系)はしっかりと水気が切られている方が好みです。
解凍した時に水気があると、ベチャっとしてしまうことがあるので、今回の葉大根のお浸しは好みで美味しいです♪

実食レポまとめ~沢山の食材が食べられる満足度高めな献立

食宅便の低糖質セレクトAコースの献立の1つ「鱈(タラ)のカニあんかけと豚肉の野菜旨煮」の実食レポートでした。
管理人的な感想をまとめると

  • ボリューム:食材の品目も多く、見た目以上に食べている時の満足度は高い印象です。食べる前はちょっと物足りないかな?と感じましたが、食後はしっかりと満腹でした。
  • 味:鱈にカニあんかけを合わせていることで、淡白な白身が風味豊かな魚料理に感じます。また、副菜も味わいのバリエーションが豊かということもあって、食べていて飽きずに楽しめるのが魅力的です。
  • 気になった点:個人的には満足度が高かったですが、お魚が苦手な方、カニの風味が苦手な方といった場合には主菜が苦手ということになるので、その点のみちょっと気になりました。

以上のような感想です。

個人的には淡白な鱈を風味豊かなカニあんかけで仕上げている工夫が好印象です。食材の品目が多いので糖質を控えながらも見た目にも美味しいメニューだったと思いました。
食宅便の糖質制限食は味付けや調理方法の一工夫が特徴です。この点が楽しめる魚料理でした♪
管理人的には食宅便の糖質制限食はおすすめです。

>> 注文は食宅便の公式ページで!

[surfing_other_article id=110]

ABOUT ME
ミールキットレポ編集部
ミールキットレポ編集部
10社以上のミールキットを体験したミールキット・食材宅配サービス愛好家です♪ミールキットの料理実食レポートも更新中!