特集・コラム

糖質制限食におすすめの宅配食ランキング【口コミ・スタッフ厳選!】

糖質制限食を自分で作るのは難しい!という方に、糖質を制限しながらもバランスの良い食事を食べられるおすすめの宅配食サービスをご紹介します。
糖質を制限したいと考える方は様々な理由がありますが、このページでは健康的に糖質制限をしたいという方に便利な、糖質制限食メニューを比較し、おすすめ順にご紹介しています。

まずは各社の1食当たりの平均糖質を一覧にまとめた下記表で、それぞれの糖質量の目安をチェックしておきましょう!

サービス名 ・1食当たりの糖質量
・美味しさ
1食あたりのカロリー量
nosh (ナッシュ)
低糖質宅配食
4.6g~(全メニュー平均は17g)
★★★★★
200kcal~400kcal
ウェルネスダイニング
糖質制限気配り宅配食
15g以下
★★★★☆
240kcal(±10%)
食宅便
低糖質セレクト
平均5.7g
★★★★☆
200kcal~300kcal
ニチレイフーズダイレクト
糖質を控えたい方向けコース
14g程度
★★★★★
平均250kcal程度

糖質制限食の宅配食事サービスランキング

糖質量と味や価格など総合的に評価した糖質制限におすすめの宅配食ランキングをご紹介します!

1位:nosh(ナッシュ)の低糖質宅配食
ここがおすすめ!

糖質を制限しながらもタンパク質はしっかり食べたい!という方におすすめです。1食当たりの糖質が4.6g程度のメニューを始め、全メニュー平均の糖質が約17gに設定されているので、糖質制限中の食事に超おすすめです。
また、一流シェフが監修しているので低糖質食とは思えない美味しさなのが魅力です。糖質制限中でも美味しいものを食べたい!という方におすすめです。

どんなメニューがある?

和洋中、様々なジャンルの料理が楽しめます。特に魚料理が充実しているので、良質なタンパク質や魚からしか摂取できない栄養素をしっかり摂りながら糖質を制限してけるメニューが豊富です。

その他の特徴

通常の食事と比較して、約90%もの糖質をカットした食事を毎週1回届けてくれます。(1配送あたり4~20食が選択可能)糖質制限中の方はもちろん、ダイエットを進めたい方にもおすすめの糖質制限食宅配サービスです。
noshで扱っているメニューはすべてが糖質を制限した食事となっており、毎週自分が食べたいと思ったメニューを選べるので好き嫌いが多い方でも無理なく利用できるのが魅力です。

また、Noshは定期便での利用が基本となりますが「来週は利用しない」という場合は、会員ページにログインして次週の利用をスキップ設定したり、利用歴・利用回数に関わらずしばらく休止することも自由に決められるので便利です。

  • 糖質制限をしたい方におすすめ!
  • 美味しさとコスパの良さナンバーワン!
  • 好きなメニューを一食ずつ選べるので好き嫌いが多い人でも安心!
  • 糖質の摂取量を控えたい方、ダイエットにおすすめ!
おすすめ度
1食あたりの価格 1食あたり591円~
セット価格 4食セット 2,800円 (1食あたり756円)
6食セット 4,190円 (1食あたり669円)
8食セット 5,162円 (1食あたり645円)
10食セット 5,918円 (1食あたり591円)
20食セット 10,960円 (1食あたり591円)
1食あたりおかずの数 合計3~4品
配送方法・配送料 初回送料無料 2回目以降の配送は全国一律900円
温め方法 電子レンジ

詳細ページ公式ページ

2位:ウェルネスダイニング 糖質制限気配り宅配食
ここがおすすめ!

糖質制限・カロリー制限・塩分制限・タンパク質制限が充実しているので栄養の偏りを改善したい場合や、栄養指導による食事制限をしている方におすすめ!
1食あたり主菜1品、副菜2~3品で構成されているので1食の食事を賄うことができます。
制限食以外にも通常のメニューも充実しているので家族みんなで好みのコースを選んで食べられる便利宅配食です。

どんなメニューがある?

糖質制限気配り宅配食は、糖質を制限しながらも魚料理・肉料理・和洋中のおかずが楽しめます。

その他の特徴

ウェルネスダイニングは食事制限中でも、食生活を美味しく満足感を得ながら続けられることをテーマにした宅配食事サービスです。
家族みんなで手軽に美味しく食べられる通常の食事だけではなく、制限食が必要な方のためのメニューも豊富です。
特に普段から栄養バランスに偏りがある方は、健康的な食生活にシフトするために役立つメニューを選ぶのがおすすめです。
管理栄養士が監修した、1食あたり糖質15g以下、塩分2g以下、カロリー240kcal前後に設定されている栄養バランスの良さと味の満足度の高い献立を毎日食べられることに加えて、1食ごとの冷凍保存で届くので、食事の準備はレンジだけで完結する手軽さも好評です。

低糖質ごはんやトクホの味噌汁なども取り扱っているので、ウェルネスダイニングだけで健康に配慮した糖質制限の食生活を送れることから一人暮らしの方にも喜ばれています。さらには、管理栄養士の栄養相談付きなのも魅力の一つです。

  • カロリーや塩分など控えたコースなど充実!
おすすめ度
1食あたりの価格 1食当たり694円~
セット価格 糖質制限気配り宅配食コースはセット数によって価格が異なります。セット数が多いほど、1食あたりの価格が安くなるのでおすすめです。
・7食セット 4,860円(1食当たり694円)
・14食セット 9,504円(1食当たり679円)
・21食セット 14,040円(1食当たり669円)
1食あたりおかずの数 合計4品
配送方法・配送料 ヤマト運輸のクール冷凍便での配送となります。
通常購入の場合は1配送当たり700円ですが初回利用の際は送料無料で購入できます。
定期便の場合は1配送当たり350円で配送してくれます。
温め方法 電子レンジ

詳細ページ公式ページ

3位:食宅便(日清医療食品)
ここがおすすめ!

1つのお弁当に5種類のおかずが盛り付けられているので糖質制限しながらも多くの種類のおかずを食べたいという方におすすめ!

どんなメニューがある?

おまかせコース(低糖質セレクト含む)・ケアシリーズ(塩分ケア・カロリーケア1200・カロリーケア1600・たんぱくケア)・やわらかい食事・おこのみセレクトコース・1食お届けコース※1食主菜1品副菜4品

その他の特徴

食宅便は日清医療食品が提供している宅配食事サービスです。食宅便の魅力は1食が主菜と副菜合わせて5品というボリュームのある食事です。
糖質制限をしていても満足度の高い食事が食べられるのは嬉しいポイントです。
低糖質セレクト7食セットはA~Cのコースがあり、お好みに合わせてセットを選べるのも特徴です。
低糖質セレクトコースは糖質が3~8gに設定された低糖質メニューで、カロリーも300kcal弱に抑えられています。
食事メニューも豊富で糖質制限やカロリーケアといった糖質制限にまつわる健康メニューも豊富です。送料も他社の宅配食と比べて安いので継続する上でも嬉しいポイントです。

  • 中華・洋食・魚料理・肉料理など、好きなメイン料理のコースを選べる!
おすすめ度
1食あたりの価格 1食あたり560円
セット価格 糖質制限・低糖質セレクト7食セット3,920円(税別)
1食あたりおかずの数 5品
配送方法・配送料 全国配送に対応しているので全国どこからでも注文できます。1配送あたり390円の配送料となります。
温め方法 電子レンジ

詳細ページ公式ページ

4位:ニチレイフーズダイレクト
ここがおすすめ!

糖質を制限しながらも必要な栄養素はしっかり摂取したい方におすすめ!特に女性に嬉しいウーディッシュコースもおすすめです。

どんなメニューがある?

・タンパク質おかず8食コース
糖質を控えながらタンパク質をしっかり摂取できるコースです。
1食当たり糖質約10g/エネルギー370Kcal/たんぱく質約30g/塩分量約2.7g

・糖質を控えたい方向けおかず8食コース
191Kcal/糖質約10g/塩分量1.7g

・糖質を控えたい方向け主食付き10食コース
女性におすすめのウーディッシュ弁当です。女性に嬉しい食材を使いながらも糖質とカロリーを抑えたお弁当です。
1食当たり主食を含めても糖質40g以下/エネルギー310Kcal/塩分量1.8g

いずれのコースも1食主菜・副菜4~6品で構成されています。
糖質控えめコース以外にも、気くばり御膳・ウーディッシュ・選べるおかず・家シェフNEW・ごはん・パンなどもあります。

その他の特徴

ニチレイフーズダイレクトの宅配食事は健康食(糖質制限食やカロリーケア、脂質コントロール、塩分コントロール、たんぱく質コントロール)メニューに加えて、通常の食事メニューも充実しているので、家族みんなで利用できる宅配食事サービスとなっています。
糖質制限ができるメニューの「糖質を控えたい方向けコース」は現在、3つのコースに加えて魚料理コースも用意されているので自由度の高いメニュー選びができます。

1食あたり平均で糖質は15g以下になっていながら主菜・副菜の数が多いので満足度の高い食事ができます。
糖質を控えたい方向けのお試し4食コースが2,760円(税別)で用意されているので、ニチレイフーズダイレクトの糖質制限食の味を知るのにおすすめです。

  • 女性にぴったりのサイズのお弁当がおすすめ!
  • ニチレイの冷凍食品の美味しさを引き継いでいるので安心!
おすすめ度
1食あたりの価格 タンパク質おかず8食コース 8食7,300円(1食当たり912円)
糖質を控えたい方向けおかず8食コース 6,100円(1食当たり762円)
糖質を控えたい方向け主食付き10食コース (1食当たり762円)
セット価格 8食セット6,100円~
1食あたりおかずの数 4品~5品
配送方法・配送料 全国一律800円
温め方法 電子レンジ

詳細ページ公式ページ

 

炭水化物を減らすことの重要性とは?

普段から糖質の摂取量が多いと感じている方や、医師や栄養士に指導されている場合は毎日の食事メニューを見直す必要があります。
糖質制限は医師の指導の下に行うのが必須ですが、普段から糖質を制限した食事に切り替えたいという場合は、糖質を控えた宅配食を利用するのがおすすめです。

普段から摂取する食事や飲み物をなるべく糖質が低い食材に切り替えたいと考えている場合は、まず最初にごはんなどの炭水化物を切り替えることから始めるのがおすすめです。
普段から食べている食事の内容にもよりますが、日本人の主食であるごはんは非常に糖質が高いので、ごはんの量をへらすだけでもかなりの糖質カットが実現できます。

ごはんは茶碗一杯(150g)あたり、糖質が約55グラム、カロリー250Kcalと、かなり糖質が多めです。
白米は、多くのカロリーを消費する仕事をしている方などは効率よくエネルギーを摂取できるので必要なエネルギーと考えられますが、カロリー消費が少ない仕事や活動をしている場合は、毎日のごはんの量を減らすことから始めるのがおすすめです。

糖質制限するには炭水化物カットが重要!

糖質の過剰摂取による健康的リスクやダイエットを進めるために糖質制限を進めたいときには、糖質が高い炭水化物をなるべく控えるのが大切です。糖質は炭水化物以外にも含まれていますが、お米や小麦が原料のパンやパスタなどは非常に糖質が多い食品です。

マンツーマンダイエットジムとして有名なライザップでも、指導される食事メニューは炭水化物を可能な限り控えた食事メニューを指定されます。自分自身だけで食事制限する場合はリスクもあるので、注意が必要です。

まずは普段の自分の食生活でどれくらいの炭水化物を摂取しているかを洗い出すのが、糖質制限していく第一歩です。現在摂取している炭水化物の量が分かれば、炭水化物の量を減らし適度な糖質摂取量に管理していくことができます。

炭水化物の100g当たりの糖質量は?

白米や食パン、うどんや中華麺など日本人がよく食べる炭水化物はどれも糖質が高い食品です。
炭水化物の糖質量の多さを下記にまとめました。

※スマホで閲覧の場合は右→にスクロールできます。

食品名 重量(g) エネルギー(kcal) たんぱく質(g) 糖質(g)
食パン・市販品 100 260 9 44.3
うどん-生 100 270 6.1 55.6
中華めん-生 100 281 8.6 53.6
こめ・玄米(水稲) 100 353 6.8 71.3
合 計 400 1164 30.5 224.8

出典:グリコ栄養成分ナビゲーター

上記のように、炭水化物は100gあたりでも非常に高い糖質が含まれていることがわかります。
ご飯の量を減らしておかずを増やしたりすることでカロリーをしっかり摂取しながらも過剰な糖質摂取を控えていくのがおすすめです。
カロリーと糖質は混同して考えがちですが別ものです。糖質を控えることはカロリーを制限することとイコールではありません。しかし、ダイエットの一環として糖質制限をしている場合、その分おかずでカロリーを摂りすぎてしまってはせっかく糖質を控えていても意味がなくなってしまいます。糖質だけを控えたい場合とカロリーを控えたい場合のメニューは厳密に言えばことなるので、宅配食サービスに用意されている糖質制限食、もしくはカロリー制限食を選んで実践していくのがおすすめです。

糖質を控えているときでも食べておきたい食材は?

また、糖質を控えているときも完全に糖質を制限してしまうのも問題です。じゃがいもなどの野菜などにも糖質は含まれているので、食事はおかずをメインにしてごはんやパンなどの炭水化物を減らすだけでも十分糖質を制限できます。
糖質が低い食材を選んで食べるよりも、大きな違いを生むことができるので、炭水化物を減らす糖質制限がおすすめです。

糖質を制限している時でも魚や肉、豆類食品などでたんぱく質や脂質はしっかり摂取しながら、糖質を減らしていくのが適切と言われています。
食事の中でも特に糖質が多いのは、白米やパン、麺類です。
糖質が非常に高いのでおかずはしっかり食べて、炭水化物を控えめにすることで大幅に糖質摂取量を控えることができます。

宅配食の多くは、ご飯がセットされていません。ごはんを食べないことが物足りなく感じるかもしれませんが、別途単品の惣菜を一品追加するなどしておかずの量を増やすのもおすすめです。
その際のおかずは、なるべくタンパク質が豊富な魚料理などがおすすめです。
普段から不足しがちな魚から摂取できる栄養素を摂りながら、糖質を制限するという方向で食事メニューを調整してみてはいかがでしょうか。

 

糖質制限を徹底するケトジェニックダイエットとは?

糖質摂取量を制限したダイエット法で有名なのがケトジェニックダイエットです。ケトジェニックダイエットのルールは1食あたりの糖質量を20g以下に制限することです。1日3食で糖質量を60gに制限することで、通常の食事よりも大幅に糖質をカットすることになるのでダイエットを更に進めていけるというものです。ケトジェニックダイエット中は、主食のお米やパンなどの糖質量が多いものは避けた方が良いです。

お米の場合は、精白米茶碗1杯150g程度で約50gの糖質が含まれています。
食パンは1枚約60gで糖質量約45g、パスタの場合は1食約240gで糖質量約75gなので糖質制限中にはおすすめできません。

糖質制限中は糖質は控えても、たんぱく質をしっかり摂取しなければいけないので、糖質が低く、たんぱく質を摂取できる食事メニューにする方が健康的にダイエットを進めていけます。

ケトジェニックダイエット中の食事に便利な宅配食サービス3選ダイエットにもブームが色々あり、近年では糖質を控える糖質制限が流行っています。 そんな中でケトジェニックダイエットも糖質を制限しな...

イオンが開催しているロカボフェアって何?

イオンでは、一日の糖質摂取量を適正な数値に管理するロカボフェアというものを推奨しています。1日70g~130gに糖質を抑える食生活にするというもので、ご飯はお茶碗の半膳にして、その分、肉や魚などのおかずはどんどん食べるというもの。

イオンでは糖質制限弁当や糖質カットされたパンなどのメニューが販売されているので、自宅近くにイオンがある場合は糖質オフメニューを購入して毎日の食事として利用するのがおすすめです。

ロカボという語源は、そもそもローカーボ食(低炭水化物食)が語源となっています。ローカーボ食の概念は自己判断で行うと過度な糖質制限につながってしまう可能性もあるので、イオンは「適正な糖質摂取量」を1日70g~130gに設定した「ロカボ」というものを提唱しています。

糖質制限弁当はコンビニやスーパーに売ってる?

最近ではスーパーのイオングループ・トップバリュなどでも低糖質のお弁当が販売されています。またコンビニのローソンでは「ローカーボ」という低炭水化物食に近づけたパンや惣菜を扱っていもいます。最近では冷凍食品の味が美味しくなったことに加え、冷凍食品の中にも糖質カットされたメニューが増えてきています。
糖質制限したいけれど、糖質制限した食事を自分で作るのは難しい!という場合は、糖質オフされた冷凍食品を毎日の食事に取り入れるのがおすすめです。

スーパー・コンビニで買える低糖質な冷凍食品

年々メニューの種類が充実しているスーパーやコンビニの冷凍食品。そのラインナップの中にも糖質カットされたメニューも増えてきています。各スーパー、コンビニの代表的な糖質カット冷凍食品をご紹介します。

ローソンの糖質カット冷凍食品

ローソンの冷凍食品はパスタやピザが充実していますが、小麦粉が使われている食品はやはり糖質が気になるもの。ですが、ローソンのパスタとピザは通常のものと比較すると糖質が大幅に低く設定されています。
ローソンセレクトというプライベートブランドのメニューの中で、糖質が低く設定されているものを一部ご紹介します!

野菜を食べる生パスタトマトソース

糖質制限中でも美味しいパスタを食べたい!というときもあると思います。そんなときにおすすめなのが、この「野菜を食べる生パスタトマトソース」です。
生パスタは糖質が多いイメージですが、このパスタの1食あたりの糖質は33.8g。1日の糖質量を1日100g以下に制限したい人でもちょうどよい糖質量なのでおすすめです。

・1食あたり糖質量33.8g
・1食あたりの価格298円

 

野菜を食べる生パスタ(ほうれん草クリーム)

パスタと一緒に野菜もしっかり食べたいときにおすすめの冷凍パスタです。1食あたりの糖質量は31.3gなので通常のパスタよりも大幅に糖質をカットできます。ブロッコリやいんげん、ナスなどの野菜が好きな方におすすめの冷凍パスタです。

・1食あたり糖質量31.3g
・1食あたりの価格298円

彩り野菜と熟成ベーコンのピッツァ

ダイエット中や糖質制限中でもピザが食べたい!というときはローソンの冷凍ピザがおすすめです。ピザにも関わらず、1食あたりの糖質量が28.8gと通常のピザと比較すると大幅な糖質カットを実現してくれているピザです。ブロッコリ、ピーマン、ベーコンに加え、ナチュラルチーズの味わい豊かなピザです。

・1食あたり糖質量28.8g
・1食あたり価格399円

出典:ローソンセレクトの冷凍食品一覧

イオンのトップバリュ


画像出典:トップバリュ公式サイト

イオンのプライベートブランド・トップバリュでは、おいしさと糖質のバランスを考慮した冷凍おかずが販売されています。おかず一品ごとに包装されているタイプなので、主食として利用するのがおすすめです。1品あたりの糖質量が10g以下のおかずも充実しているので、その他のおかずと組み合わせられるのも嬉しいポイントです。

・おいしさと糖質のバランス 赤魚の煮付け
価格 429円
1食あたりの糖質量7.4g

・おいしさと糖質のバランス トマトソースハンバーグ
価格 429円
1食あたりの糖質量9.8g

・おいしさと糖質のバランス さばの味噌煮
価格 429円
1食あたりの糖質量8.2g

・おいしさと糖質のバランス 豚肉のしょうがだれ
価格 429円
1食あたりの糖質量7.2g

・おいしさと糖質のバランス 鶏肉のトマトソースがけ
価格 429円
1食あたりの糖質量9.2g

・おいしさと糖質のバランス 炊き込みごはんと鶏肉の卵とじ風
価格 429円
1食あたりの糖質量34.0g

・おいしさと糖質のバランス あさりごはんと豚肉の味噌だれ
価格 429円
1食あたりの糖質量34.8g

もっと多くの低糖質冷凍食品を試したい場合は?

スーパーでもコンビニで販売されている低糖質な冷凍食品のメニューは非常に限られています。お弁当の種類は多くても10種類程度となっているので、毎日食べる食事としては数週間で飽きが来てしまうというデメリットもあります。一方、糖質制限弁当宅配サービスで扱われているお弁当のメニューはどのメーカーも30種類以上のメニューで構成されているので毎日食べても飽きが来ません。また。自宅まで配送してくれるので買いに行く手間も省けると考えると、noshなどの糖質制限弁当宅配サービスを利用する方がおすすめです。

通販で購入できる低糖質冷凍食品5選

近所のコンビニやスーパーで糖質カットされた冷凍食品を取り扱っていない場合や、頻繁に買いに行けない場合は自宅まで宅配してくれる低糖質冷凍食品がおすすめです。

コンビニなどで購入する冷凍食品は、おかず一品ごとの場合が多いですが通販で購入できる冷凍食品の中には「1食分の食事」として利用できる冷凍弁当があります。1食あたりのおかずが3品から5品程度のおかずで構成されているお弁当なので、電子レンジで温めるだけですぐに食事が食べられるのも便利なポイントです。

おかず一品ごとの冷凍食品の場合は、おかずごとに糖質量を計算しないといけませんがお弁当タイプの糖質制限食を利用すれば糖質量の管理が簡単なのでおすすめです。

1食あたりの糖質が10g以下に設定されている冷凍弁当も多いので、糖質制限中の食事にピッタリ!
毎晩の夕食として利用しても良いですし、ランチのお弁当としても活用できるのでダイエット&糖質制限中の食事におすすめです。
【nosh(ナッシュ)】

ナッシュは1食あたり4~5品程度のおかずで構成され、ボリューム感も美味しさも業界トップクラスの冷凍宅配食です。1食あたり4.6g程度の低糖質冷凍弁当をはじめ、全メニューの平均糖質量が17gに設定されている冷凍宅配食です。

フレンチや和食など一流のシェフの料理が低価格で味わえることに加え、毎日食べても食べ飽きないヘルシーな低糖質食を食べられるのでおすすめです。

電子レンジで温めるだけですぐに食べられる手軽さも、男性女性問わずおすすめです。

美味しく糖質の低い冷凍弁当を探しているのであればこれで決まり!というほどおすすめの冷凍弁当です。

nosh(ナッシュ)の口コミは?【低糖質宅配食を実際に食べてみた体験レポ】低糖質な食事を提供してくれるnosh-ナッシュの10食プランを注文して食べてみました! 管理栄養士による栄養面の監修と、一流の料理...

【ニチレイフーズダイレクト】

ニチレイフーズダイレクトの冷凍弁当には、「糖質を控えたい方糖質コース」があります。
7食セット5,500円1食あたり785円で購入できます。
冷凍食品の大手メーカーであるニチレイだからこその美味しい冷凍食品がお弁当で楽しめます。
ニチレイフーズダイレクトの評判・口コミは?実食&体験レポートニチレイフーズダイレクトはニチレイフーズが提供している宅配食事サービスです。ヘルシー食品、健康サポートを目的とした食事メニューが揃ってい...

【食宅便 低糖質セレクト】

食宅便には糖質が低く設定されている「低糖質セレクトコース」があります。1食あたり5.9gという低い糖質量なので、1日3食食べても一日の糖質量を20g以下に抑えることができる冷凍弁当でうす。
日清医療食品が販売している冷凍食品なので健康に配慮されているお弁当です。
糖質制限されたお弁当以外にも塩分やカロリーオフされたお弁当も豊富です。

食宅便(日清医療食品)は美味しい?実際に注文して食べてみた口コミ食宅便は日清医療食品が提供している宅配食事サービスです。 食宅便は栄養バランスのとれた食事を摂りたいけど難しい方に向けたサービスで、美...

【ウェルネスダイニング】

ウェルネスダイニングには「糖質制限気配り宅配食」があります。1食あたりの糖質量は15g以下に設定されていることに加え、ウェルネスダイニングには通常のごはんよりも糖質が低く設定されているレトルトごはんも購入できます。

ウェルネスダイニングの口コミ・評判は?実食&体験レポート ウェルネスダイニングは食事の内容に気を使いたい方、ダイエットや持病などを理由とした食事制限が必要な方向け食事を提供している宅配食...

【美健倶楽部】

美健倶楽部はBc400コースという、1食あたり400ckalに制限したコースがあります。ダイエット中のカロリー管理に便利な食事で和食や洋食が充実しています。

美健倶楽部のお弁当は美味しい?【実際に食べてみた実食レポ&口コミ!】美健倶楽部は低カロリーな食事を栄養バランスにもしっかりと配慮したBC400メニューを提供している宅配食事サービスです。 カロリーを控え...

 

まとめ


糖質制限食は通常の食事と比べて糖質を抑えられているのが特徴なので、美容や健康面を考慮したダイエット中の食事として、または持病などがあり糖質制限が必要なときなどに活躍します。また、普段何気なく食べている食事から糖質を多く摂りすぎているのでは?と感じる方などが糖質制限された食事にシフトする人も増えています。

ただ、糖質制限は取り方や制限の仕方によっては健康にも影響するケースもあり、自己流で行うのが難しくて続かないというケースも多いです。

糖質制限中の食事は、一品一品糖質量を計算するとなると手間もかかりますし、管理が難しい面があります。
糖質制限をストレスなく行っていくには、「1食まとめて糖質量が◯グラム」とすぐ把握できる冷凍弁当がおすすめです。
冷凍技術の進歩により、一流のシェフが作った食事を自宅で手軽に温めて食べられることも冷凍弁当の魅力の一つ。

このレポートを書いている私の父も糖尿病を患っているため、糖質制限や塩分制限された食事を食べています。そんな父の食生活を見つめていると、食べたい気持ちを抑えるのが大変だったり、家族も毎食ごと献立作りに苦労していました。
糖質制限されている食事宅配サービスは、糖質制限されていても美味しい料理を食べられることや、糖質制限された食事を作る料理の労力を軽減することに活躍してくれています。

糖質を制限したダイエットを実践したい方はもちろん、健康を考慮して糖質を抑えた食生活が必要な方に便利なのが、通販で糖質制限食を購入できる宅配食事サービスです。
糖質制限食宅配サービスのメリットは

  • 糖質制限プラス栄養バランスを整えるのに役立つ
  • 糖質制限をしていても満足度の高い食事が摂れる
  • 1食に摂取する栄養などを把握しやすい
  • 冷凍保存ができるので、まとめ買いも可能
  • 調理はレンジや湯煎で温めるだけなので簡単準備
  • 宅配食事サービスによっては栄養士の食生活の相談付き

など、多くあります。

電子レンジで温めるだけで糖質制限食が食べられることに加え、1食あたりの食費も抑えられるのでおすすめです。
冷凍庫にストックしておくだけで料理の手間も省けるので、仕事で忙しい人や子育てに忙しい方、単身赴任中で健康的な食事を食べたい男性の食事としても活躍してくれます。

「制限食は我慢が必要」「制限食は美味しくない!」というイメージを持っている方は、今こそもう一度「進化した糖質制限食」の宅配食サービスをチェックしてみてはいかがでしょうか。
糖質制限食を食べる人本人はもちろん、食事作りを行ってきた家族の家事負担にもつながるのでメリットは多いです。

冷凍弁当宅配サービスそれぞれ味の傾向は異なるので、自分好みの冷凍弁当が見つかるまでそれぞれのサービスを一度試して、自分に合う糖質制限食を見つけましょう!

宅配食事おすすめランキング【スタッフが選ぶ人気&おすすめ宅配食】編集部スタッフが実際に食べてみて選んだ宅配食事の人気ランキングをご紹介します! 宅配食事を選ぶ時には 冷凍の場合の解凍方...
ABOUT ME
ミールキットレポ編集部
ミールキットレポ編集部
10社以上のミールキットを体験したミールキット・食材宅配サービス愛好家です♪ミールキットの料理実食レポートも更新中!