特集・コラム

1週間でも効果あり?スープダイエットのレシピとやり方【脂肪燃焼スープ】

目次

スープダイエットは短期間で体重を落としたい人におすすめなダイエット方法の一つで、食事療法から広がった置き換えダイエットと糖質制限の両方の要素を持った減量法です。

  • スープダイエットは短期間のダイエットができる
  • 栄養がしっかり摂れる
  • 食べないダイエットより断然楽!
  • 市販や通販のスープダイエットを活用すれば手軽に続けられる

以上のように、スープダイエットは芸能人にも実践している人が多く、1週間で結果が期待できる脂肪燃焼スープを使ったダイエットなどはインスタグラムやツイッターなど、口コミでも話題です。しかも自分で作るだけでなく、市販スープや通販スープを活用すれば手軽で簡単、続ければしっかり痩せられるそんなダイエットがスープダイエットです。

夏までに短期間でダイエットしたい人は、これからご紹介するスープダイエットのやり方や人気レシピをチェックしつつ、私が実際にダイエットで利用したおすすめ通販スープを参考にしてみてください。

スープダイエットの効果は?

スープダイエットを実践することで期待できる効果として

  • 食事の置き換えによるダイエット効果
  • 糖質を控えることで脂肪を燃焼しやすい体になる
  • 野菜を沢山食べるので体を整える栄養が摂りやすい
  • 食物繊維と水分が一緒に摂れるのでお通じリズムを整えるなどデトックス効果
  • 短期間でのダイエット成功者が多い

という点が実感として感じられるポイントです。

食事の置き換えによるダイエット効果

基本となるスープダイエットは7日間スープと果物、野菜などを中心にすべての食事をスープに置き換えるため、大幅な摂取カロリーと糖質を減らすことができます。

また、一日の食事のうち、1〜2食をスープに置き換えることで、摂取カロリー<消費カロリーとなるため、短期間でなくても継続していくことでダイエットができます。

糖質を控えることで脂肪を燃焼しやすい体になる

野菜やお肉などを使って作るスープは見た目よりも糖質は少ないです。

糖質を控えることで体が脂肪を使ってエネルギーを作り出そうとするのでフィットネスに取り組む人にも貢献してくれます。

野菜が沢山食べられるから体を整える栄養が摂りやすい

野菜に含まれるビタミンは水溶性ビタミンが多く、調理の過程で失われやすいのですが、スープの中で煮込むことで野菜の栄養も摂りやすくなります。ダイエット中は栄養が不足しがちなので栄養を効率良く摂れるのはダイエット中にピッタリ。

デトックスにもおすすめ

スープは水分補給に加えて食物繊維を含む食材を通常の調理よりも多く使うため、野菜不足な人のお通じのリズムを整えるのにもおすすめ。お通じのリズムが良くないと腸内環境も悪化しますので、スープダイエットはデトックスにも有効な面が多いです。

水分をしっかりと摂ることで体の老廃物が排出されるためむくみ体質な人にもおすすめ。塩分控えめでカリウムなど塩分の排出に働くミネラルが摂れる野菜を選んでスープを作りましょう。

短期間でのダイエット成功者が多い

スープダイエットは病院で食事療法として行われてきたもので、1週間という短期間での減量を目的としています。また、スープダイエットは置き換えダイエットと糖質制限ダイエットの性質を持っているため、1食の置き換えなどで継続していくことで無理なく痩せることも可能です。

短期間でも痩せられるんですか?何キロくらい?
1週間のスープダイエットでは3kg〜5kgくらいのダイエットになることが多いと言われています。また、他の時間帯の食事内容と生活習慣にもよりますが、カロリーを多く摂る時間帯の夕食をスープに置き換えることでしっかりとカロリー・糖質オフになります。2週間しっかりとスープダイエットをした人はマイナス5キロのダイエットに成功したという人も多いですよ♪私の場合もスープを活用した夕食の置き換えダイエットで1週間で2〜3kgのダイエットができました♪

スープダイエットのおすすめポイントまとめ

さらにスープダイエットがおすすめな理由として

  • 沢山食べてもカロリーが抑えられるから罪悪感が無い!
  • 食欲が抑えられる
  • 温かいスープは体を温めるのにも効果的
  • 消化も良く胃腸に優しい
  • 調理は野菜を切って煮込むだけなので簡単

という点で体にも優しく、ダイエットにも効果的なんですね。

スープダイエットのデメリットは?

スープダイエットは誰でも取り組みやすいダイエット方法ですが、人によってデメリットを感じるかもしれません。

スープダイエットを実践した人の感想では

  • スープを毎日作るのが面倒
  • メニューのレパートリーが少なくて飽きる
  • 思ったように体重が減らず痩せない
  • お腹が空く
  • 便秘や下痢など体調の変化を感じる

という声があります。

スープダイエットのおすすめ簡単レシピ・作り方

スープダイエットの成功の秘訣は毎日飲むスープの内容はもちろんですが、飽きずに続けられるバリエーションが重要。話題になった脂肪燃焼スープも味付けを変えることで続けやすくなります。

これからトライする人にはスープダイエットのレシピで人気の

  • ミネストローネ
  • ポトフ
  • 和風

この3つのスープからアレンジしてお気に入りのレシピを増やしていくのがおすすめです。

SNSでも話題の脂肪燃焼スープのレシピ

SNSでも話題になっている1週間で痩せられると話題の脂肪燃焼スープを用いたスープダイエット。このダイエット法は病院で考えられた食事療法の一つで、外科手術前など短期間で痩せなくてはいけない患者に取り入れられています。

脂肪燃焼スープはお腹を満たしながらカロリーが少なく、自然と糖質を制限することができ、無理なくダイエットが行えるため、短期間で痩せやすい体になります。

1週間で2〜3kg痩せることは珍しくなく、人によっては5kg〜8kgのダイエットに成功したケースも報告されています。

スープダイエットは病院で考えられた食事療法が元になっている脂肪燃焼スープを使ったダイエットと同じ性質ですので、スープダイエットが成功しやすいと言われているのも納得です。

脂肪燃焼スープの材料(二人分)

  • たまねぎ:3個
  • セロリ:1本
  • キャベツ:1/2
  • ピーマン:1個
  • ホールトマト缶:1缶
  • 鶏ガラスープの元:小さじ1※固形タイプは1個
  • かつおぶし:20g
  • 生姜:少々
  • 塩:少々
  • 胡椒:少々
  • 水:2〜3リットル

脂肪燃焼スープの作り方手順

  1. 野菜を食べやすい大きさにカット(キャベツ5cm幅くらい・せろり3cm幅くらい・たまねぎ薄切り・ピーマン薄切り)
  2. お鍋にホールトマト缶、鶏ガラスープの素、かつおぶしを入れて、具材が浸かるくらいまで水を入れて煮込む
  3. 10〜15分ほど煮込んだら生姜を入れて野菜の硬さを見ながら好みに合わせて煮込む(野菜がクタクタになるくらい煮込めば旨味も出て消化にも良い)
  4. 塩・胡椒で味を整える
たっぷり作ってカレー粉やキムチ、味噌、豆乳、醤油といった調味料を活用して味を変えながら食べると飽きません。野菜だけなら1杯100kcal未満ですので、沢山飲んでも食べ過ぎにならないのも脂肪燃焼スープの魅力です。

低カロリー・低糖質なミネストローネのレシピ

トマトの風味でさっぱりとしあ味わいのミネストローネは低カロリー・低糖質に抑えられるのでスープダイエットにピッタリ。

ミネストローネの材料(二人分)

  • 水:300cc
  • ホールトマト缶:1缶
  • にんじん;中サイズ1/2
  • 玉ねぎ:1/2個
  • じゃがいも:中サイズ1個
  • キャベツ:2枚(多くてもOK)
  • ローリエ:1枚
  • 薄切りベーコン:60〜80g目安
  • にんにくのみじん切りorチューブにんにく少々
  • オリーブオイル:大さじ1
  • 固形コンソメ:1個
  • 塩小さじ1/2

ミネストローネの作り方手順

  1. 野菜を少し大きめのみじん切りにする
  2. 鍋にオリーブオイルを入れて玉ねぎとベーコンを炒める
  3. 玉ねぎに火が通ってきたらにんじん・じゃがいも、キャベツを入れて炒める
  4. 火が通ったら、水、ホールトマト缶、固形コンソメ、ローリエを鍋に入れて蓋をし、10〜15分弱火で煮る
  5. 味を確認しながら塩で整える
ミネストローネはさっぱりとした飲み口が魅力ですので、コンソメや塩を入れすぎないように注意しましょう。

たっぷり野菜でお腹も満たせるポトフのレシピ

ポトフの材料(二人分)

  • キャベツ:1/4個(200g)
  • にんじん:1本
  • セロリ:1/2本
  • じゃがいも:3個
  • 玉ねぎ:1個
  • ブロッコリー:1個
  • ウインナーソーセージ:4〜6本
  • 粒マスタード:適量
  • コンソメ:小さじ1〜2杯
  • 塩:小さじ1/4
  • 胡椒:少々
  • 醤油:少々
  • 酒:大さじ1
  • 水:400cc
  • サラダ油:少々

ポトフの作り方手順

  1. 野菜を切る(キャベツ4〜6cm・玉ねぎ4等分・人参輪切り・セロリ一口サイズ・ブロッコリー房分け・じゃがいも一口サイズ(先に切ってアク抜きをしておきます)
  2. ウインナーに切り込みを入れる
  3. 鍋にサラダ油を入れて中火で熱し、玉ねぎ・キャベツ、ウインナーを炒めて焼き目をつける
  4. 焼き目が付いたら人参、じゃがいもを入れる
  5. 具材に油が回ったら水・コンソメ・醤油・酒を入れて15分ほど煮込む
  6. セロリ・ブロッコリーを加えて煮込む
  7. 味を確認しながら塩・胡椒で味を整える
ポトフは様々な野菜を入れて楽しめます。圧力鍋を使えば、野菜の旨味も出て短時間で仕上げられますよ♪

あっさりとした味でお肉も楽しめる和風スープのレシピ

豚肉ともやしの和風スープの材料(二人分)

  • 豚バラ:100g
  • もやし:1袋
  • 醤油:小さじ1
  • 塩:小さじ1/4
  • 胡椒:少々
  • ほんだし:小さじ2杯と1/2
  • 酒:大さじ1
  • 片栗粉:大さじ1
  • 水:400cc

豚肉ともやしの和風スープの作り方手順

  1. もやしを洗っておく
  2. 豚バラ肉を4〜5cm幅に切る
  3. 片栗粉を水大さじ2と合わせる
  4. 水とほんだしを入れて沸騰したら豚バラ肉と酒を入れる
  5. 煮込みが終わったらアクを取る
  6. アクを取ったらもやしと塩、胡椒、醤油を入れて中火で1〜2分煮込む
  7. 1〜2分煮込んだら強火にして片栗粉を入れて混ざってとろみ具合を確認して火を止める
とろみを付けるだけで食べた時の満足度が高まります!夕食をスープに置き換える時など、お腹もしっかり満たせるのでおすすめです。

スープダイエットにぴったりな材料

脂肪燃焼スープ以外で日常的にスープを飲みながらスープダイエットを始めようと思った時に何を使って作れば良いの?食べていいものがわからないという人も多いです。

スープダイエットで使う材料の基本は

  • 糖質が少ない野菜を多く使う
  • きのこ類・わかめなどの海藻も使うのが良い
  • 肉は使ってもOK
  • 調味料の糖質にも注意する

この点を意識しながら、お好みの食材を使ってスープを作ります。糖質が少ない野菜を選ぶ方がダイエットが進みやすいですが、使ったとしても通常の食事よりも低カロリー・低糖質ですので、あまり神経質にならなくても良いでしょう。

スープにおすすめな肉の種類

肉自体は良質なたんぱく質が摂れる食材で、脂質の割に糖質がかなり少ないので、スープダイエットではおすすめです。ただ、ポトフやミネストローネでも使いやすいベーコンやウインナーは加工品なので使いすぎはカロリーと糖質が多くなりやすいので注意しましょう。

主な肉類の糖質がこちら

  • 豚肉:100gあたり約0.0〜0.3g
  • 牛肉:100gあたり約0.1〜0.6g
  • 鶏肉:100gあたり約0.0〜0.2g
  • ロースハム :20g(1枚)約0.3g
  • ベーコン: 20g(1枚)約0.1g
  • ウインナー:15g(1本)約0.5g

スープにおすすめな野菜の種類

スープダイエッでは野菜をたっぷり使うのが基本です。葉野菜を中心にスープのカサ増し、栄養面のフォロー、食物繊維の補給といった面で野菜をしっかりと使うことが重要です。

スープダイエットにおすすめな野菜の糖質量がこちら

  • アスパラガス:1本あたり約0.3g
  • さやいんげん :1つあたり約0.3g
  • おくら:1本あたり約0.1g
  • カリフラワー:1株あたり約5.8g
  • 白菜:1/4個あたり約7.6g
  • キャベツ:葉2枚あたり約3.0g
  • ごぼう:1/2本あたり約2.5g
  • 小松菜:1茎あたり約0.2g
  • セロリ:1本あたり約1.4g
  • 大根:1/5本あたり約4.6g
  • チンゲン菜:1株あたり約0.6g
  • トマト:1個あたり約7.4g
  • 人参:1本あたり約8.5g
  • ピーマン:1個あたり約1.0g
  • 赤ピーマン:1個あたり約3.4g
  • ブロッコリー:1房あたり約1.2g
  • ほうれん草:1茎あたり約0.1g
  • もやし:100gあたり約1.3g
  • 玉ねぎ:1個あたり約13.0g
  • 大豆:100gあたり約5.0g

糖質が多い野菜

野菜の中には糖質が多めな種類があります。スープに使う分にはそこまで気にしなくても良いですが、しっかりとダイエットを進める場合には、糖質が多い野菜ばかりを沢山使うのではなく、上記で紹介した野菜と合わせて使用するのがおすすめです。

糖質が比較的多めな野菜の糖質量がこちら

  • じゃがいも:100gあたり約16.2g
  • かぼちゃ:100gあたり約19.0g
  • さつまいも:100gあたり約29.5g
  • とうもろこし:1本あたり約20.7g

スープにおすすめなきのこ類

スープダイエットではきのこもおすすめです。栄養も豊富で、食物繊維も摂れます。さらに旨味成分のアミノ酸も多いため、スープの味がよくなります。

しいたけ、えのき、ぶなしめじなどは使いやすくておすすめです。

味付けのポイント

スープダイエットではスープの味付けが飽きずに続けるためのポイントになります。また、ベースのスープを作ったらその後、味を変えるなどして好みの味にするのが良いでしょう。

ただし、塩分の摂りすぎはむくみにも繋がります。また、調味料によっては糖質量が多い種類もあるので、注意しましょう。

ポン酢は100gあたり約12gと控えめですので、味を変える時にも使いやすいです。

スープの保存は可能?

可能ですが、作る段階からスープを保存することを考えた材料選び、調理を行うのがベスト。スープは冷蔵よりも冷凍の方が品質を維持するのにおすすめです。

スープを作るのが面倒なら市販や通販を活用!

スープを作る時間がない、作るのが面倒という人は市販のインスタントスープを活用するのもおすすめ。最近ではコンビニやスーパーでも低糖質なスープが販売されています。

インスタントスープを選ぶ時のポイントは

  • 糖質量
  • 塩分量
  • 使われている野菜

以上をチェックしましょう。本来スープダイエットはスープでしっかりと栄養を摂ることが基本ですので、主役のスープが栄養に乏しいものだと、他の食事で栄養を補わなくてはいけません。ただ、カロリーを控えたいという緩めなスープダイエットをする場合にはそこまで神経質にならなくても、1杯のインスタントスープのカロリー・糖質は通常の食事よりも控えめなので、置き換えダイエットとして効果があります。

春雨や魚介が使われているスープはダイエット中にピッタリです。

スープダイエットに役立つnoshの低糖質スープ

仕事から帰ってきてスープを作る、もしくは前日やお休みの日にスープを作り置きしておくとなると、ちょっと面倒になってしまいインスタントスープを利用している人も多いです。

低糖質な料理を提供している宅配食サービス「nosh」の冷凍スープはスープダイエットをしようと思っている人にかなりおすすめ。

noshのスープは

  • 低糖質で栄養バランスが良い
  • インスタントスープよりも美味しい
  • 食材が大きくて食べごたえがある
  • 冷凍保存だから日持ちが長い
  • その他のメニューも全部低糖質でダイエットに役立つ

など、ダイエットをしたい人にぴったりな内容です。

低糖質で栄養バランスが良いスープ

noshのスープは低糖質・低塩分ながらプロの料理人と管理栄養士が監修した本物の健康志向な低糖質なスープが用意されています。肉、野菜や大豆類、貝類などバラエティ豊かな食材を使用し、ビタミン、ミネラル、タンパク質がしっかりと摂れる「補うスープ」をテーマにしているため、この1杯で不足しがちな栄養が摂れて、しかも低糖質・低カロリーです。

例えば、noshの「丸ごとトマトのミネストローネ」のカロリーや栄養内容は

カロリー82kcal・たんぱく質3.0g・糖質13.6g・炭水化物(17.1g)・脂質0.9g 食物繊維3.5g・塩分0.7g

たっぷりの具材が使われていてもヘルシーです。

インスタントスープは手軽ですが、塩分が多くなりがちです。塩分が多いとむくみやすくなるなど、健康にも良くないのでインスタントスープと同様に手軽に飲めて健康にも良いのがnoshのスープです。

インスタントスープよりも美味しい

スープダイエットは食事をスープに置き換えるダイエットですので、スープ自体の美味しさは継続する上で欠かせません。

インスタントスープも技術の向上で美味しくなってきていますが、実際の所、食べごたえが無いものも多いのです。また、使われている食材も加工されており、インスタント感が強くて味気なく感じてしまうことが多いです。

その点、noshのスープは食材がたっぷりはいっていて具材も大きいです。インスタントな印象は無く、どれも人が作ったと感じさせてくれる温かみがあります。

優しい味わいの「とろとろ玉ねぎのお野菜ポトフ」は野菜やウインナーが入っていてボリュームもあり、満足度が高いです。じゃがいもや人参も使っていますが糖質は12.8gと低糖質です。

食材が大きくて食べごたえがある

noshのスープは低糖質なだけでなく、食べた時の満足度が高いのが魅力です。お肉や魚、野菜が丸ごと入っている、大きくてゴロっとしたサイズで入っているのが多いので、飲むというよりも食べるという感覚で楽しめます。

夕食をスープに置き換えた時など、空腹に悩まされる人もいますが、noshのスープならしっかりとお腹を満たしてくれます。

冷凍保存だから日持ちが長い

noshのスープは冷凍保存で、平均6ヶ月〜9ヶ月とかなり長いです。スープダイエットでは脂肪燃焼スープを作り置きして数日にかけて食べるということが多いですが、そうなると衛生面が気になります。その点、noshのスープは冷凍しておけば長期間の保存ができ、食べたい時に5分ほどで、低糖質で栄養バランスの良いスープが楽しめます。

noshのスープならスープダイエットが楽しく続けられる!

noshの冷凍スープはダイエット中の食事に組み込むことで糖質を控えながらしっかりと栄養が摂れて、しかも食べごたえバッチリ。インスタントスープにも飽きてしまった。美味しい市販のスープを探しているという人はnoshの冷凍スープをチェックしてみてください♪

>> noshの公式サイトでスープメニューを見てみる

こちらの記事でnoshの各スープを詳しくご紹介しています!

冷凍スープを通販で!【美味しいスープが購入できる宅配食サービス】スープは栄養面のバランスが取りやすくて体も温まり健康にも嬉しい料理です。 でも一人分のスープを作るというのも手間を考えると面倒に感...

スープダイエットの失敗しないやり方・方法

スープダイエットをする時にはスープだけでなく、他の食事・間食にも気を配らないとせっかくの低カロリー・低糖質なスープを飲んでいても痩せにくくなります。

  • 野菜だけでなくたんぱく質もしっかりと摂る
  • お酒は控える:お酒は糖質が高いものが多いため
  • 糖質が多い主食(お米・パン・麺類など)を食べすぎない
  • 脂質・糖質が多くなりやすい揚げ物を食べすぎない
  • 飲み物は、水、お茶、ブラックコーヒー、100%ジュース、スキムミルク(無脂肪)を飲み炭酸飲料(ジュース)も控える
  • 砂糖を含む甘味料を控える
  • お菓子類は食べない(間食はナッツ類がおすすめ)

以上の点を念頭にスープダイエットを行いましょう。

スープダイエットの1週間スケジュール

スープダイエットは食事をすべてスープに置き換える短期間ダイエットと1日の中で1食をスープに置き換える緩めのダイエットが基本です。

食事すべてをスープに置き換える場合

3食をスープに置き換える場合、糖質制限やケトジェニックダイエットのような内容になります。

スープは1杯で食材の内容によって250gで100〜300kcalほどなので、3食たっぷりと飲んでも1,000kcalに収まります。その他の間食で果物や飲料を飲んでも1日の基礎代謝量1,500~2,000kcalを超えないため痩せやすくなります。

また、ハードなスープダイエットを行う場合は糖質が多い小麦類、とうもろこしやかぼちゃさつまいもなど控えた方が、スムーズに体が糖エネルギーから脂肪を燃焼するシステム(ケトーシス状態)に移行しやすくなります。

1週間の短期間スープダイエットでは食事のスケジュールが決まっています。

  1. 1日目:スープ、果物をたっぷり食べる(バナナは避ける)おかわりOK
  2. 2日目:スープ、副菜として野菜のサラダなどを摂る(ドレッシングは控える)少量ならベイクドポテトもOK
  3. 3日目:スープ、野菜、果物を摂る(バナナは避ける)おかわりOK
  4. 4日目:スープ、スキムミルク(500mlまで)に加えて糖エネルギー補給としてバナナを食べる(スープとバナナは制限無し)
  5. 5日目:スープ、トマトに加えて肉もしくは魚で動物性たんぱく質をしっかり摂る(300〜700g)
  6. 6日目:スープ、野菜に加えて、牛肉を摂る(300〜700g)
  7. 7日目:スープ、野菜、甘味料不使用のフルーツジュースを飲む

期間中は水分をしっかりと摂ることも大切です。このスケジュールでは野菜とバナナ、7日目の玄米、フルーツジュース以外、基本糖質を断っている状態ですので、しっかりと行うことで3〜5kgはダイエットになると言われています。フルーツを食べるので多少の糖質は得られます。

また、可能なら良質なオイル(ココナッツオイルやMCTオイルなど)を摂ることでスープだけで不足しがちなエネルギーを補給できるのでおすすめです。

スープダイエット中に外食をしても良いですか?
1週間のスープダイエットでは原則NGです。1食の置き換えダイエットなら中長期的なダイエットですので、外食をしても良いですが、やはり糖質や脂質を控えて、お酒の飲み過ぎに注意しましょう。

1食をスープに置き換える場合

夕食をスープに置き換える少し軽めなスープダイエットは継続しやすく、長い目で見た場合、短期間のスープダイエットよりも食生活も改善しやすく、リバウンドしにくいのでおすすめです。1食だけスープに置き換える場合は他の時間帯の食事で糖質が多い主食の摂りすぎに注意です。

朝だけスープダイエット

朝食をスープに置き換えるのは、体を温めて日中の活動時間にお腹が程よく満たされているので空腹が気になりづらくなります。

ただし、仕事中にぼーっとするといった場合には糖質が不足している可能性があるので、スープの他に果物を摂る習慣をつけると良いでしょう。

昼だけスープダイエット

ランチでボリュームのある食事を摂りすぎ傾向にある人は昼食でカロリーや糖質を控えるのも良いでしょう。お弁当の人はスープジャーを使って職場にスープを持っていくのもおすすめです。

ただし、肉体労働など体を使う仕事をしている人は、昼食で糖エネルギーを控えてしまうと、エネルギー不足になってしまう可能性があるので注意。

夜だけスープダイエット

スープダイエットを実践していく上で夕食をスープに置き換えるのが最も有効です。ほとんどの人が夕食でカロリーや糖質の割合が多いため、この時間の食事を置き換えることで、しっかりと摂取カロリー、糖質を抑えられます。1食の置き換えを検討している場合は夕食をスープに置き換えるのがおすすめです。

野菜たっぷりなスープを飲むので慣れれば空腹感はそこまで感じません。

スープダイエットの口コミ・評判は?

スープダイエットの口コミを見てみるとダイエット成功者は

  • 自分でスープを作って満足度の高いスープでダイエットをした
  • 糖質をしっかり制限していた
  • 他の時間帯の食事にも気を使っている
  • 1週間で痩せな無くても焦らずに継続していた

という人が多いです。

逆にスープダイエットで痩せなかった人の多くは

  • 途中で1週間スープダイエットを挫折
  • 間食をしてしまった
  • 1食置き換え以外の時間帯の食事で食べ過ぎた

という声が多いです。

また、1週間スープダイエットの場合は短期間で痩せてもすぐにリバウンドしてしまったという人も多いです。

これはスープダイエット自体が短期間で痩せなくていけない人のために考えられた食事療法でもあり、食生活を戻してしまうことで、以前よりも食べすぎてしまう傾向にあるためです。

ですので、短期間で痩せるよりも、時間をかけてじっくりと取り組んだ方が、体重は定着しやすくなります。

まとめ〜スープダイエットで夏までにダイエット!

スープダイエットの人気レシピややり方、スープダイエットにまつわる情報をお伝えしました。

スープダイエットは置き換えダイエットの一つでもあり、1週間で痩せる短期間ダイエットや1食〜2食を置き換えることで摂りすぎていたカロリー・糖質量を減らす継続的なダイエットができます。

ただし、3食一気にスープに置き換えるといったやり方は挫折しやすいポイントになりますので、最初はカロリーや糖質が多くなりやすい夕食を置き換えるのがおすすめ。ゆるくスープダイエットをするなら朝食から始めてみるのも良いでしょう。

自分で食材を選び、カロリーや栄養面を考えるのが面倒で続かないという人は、市販や通販のスープを活用するのが成功の秘訣です。市販や通販のスープなら、手を抜きながら自分で作るよりも時短で効率良くダイエットをサポートしてくれます。

スープダイエットで夏までに目標達成しましょう!

↓私もnoshのスープをダイエットに活用しました!

noshのメニュー58種類を全部食べてみた!【全食制覇特集&ダイエットレポート】低糖質で美味しい食事が食べられる宅配食事サービス「nosh-ナッシュ」の3月時点までの全メニュー58食を実食しました! 今回はno...
ABOUT ME
ミールキットレポ編集部
ミールキットレポ編集部
10社以上のミールキットを体験したミールキット・食材宅配サービス愛好家です♪ミールキットの料理実食レポートも更新中!