1. TOP
  2. 特集・コラム
  3. 糖質制限に冷凍食品がおすすめ!【糖質カット冷凍食宅配サービス5選】

糖質制限に冷凍食品がおすすめ!【糖質カット冷凍食宅配サービス5選】

 2019/01/24 特集・コラム
 

糖質制限したいけれど、糖質制限した食事を自分で作るのは難しい!という場合は、糖質オフされた冷凍食品を毎日の食事に取り入れるのがおすすめです。

最近では冷凍食品の味が美味しくなったことに加え、冷凍食品の中にも糖質カットされたメニューが増えてきています。

このページでは糖質制限中の食事におすすめの冷凍食品をご紹介していきます!

スーパー・コンビニで買える糖質制限冷凍食品

年々メニューの種類が充実しているスーパーやコンビニの冷凍食品。そのラインナップの中にも糖質カットされたメニューも増えてきています。各スーパー、コンビニの代表的な糖質カット冷凍食品をご紹介します。

ローソンの糖質カット冷凍食品

ローソンの冷凍食品はパスタやピザが充実していますが、小麦粉が使われている食品はやはり糖質が気になるもの。ですが、ローソンのパスタとピザは通常のものと比較すると糖質が大幅に低く設定されています。
ローソンセレクトというプライベートブランドのメニューの中で、糖質が低く設定されているものを一部ご紹介します!

野菜を食べる生パスタトマトソース


糖質制限中でも美味しいパスタを食べたい!というときもあると思います。そんなときにおすすめなのが、この「野菜を食べる生パスタトマトソース」です。
生パスタは糖質が多いイメージですが、このパスタの1食あたりの糖質は33.8g。1日の糖質量を1日100g以下に制限したい人でもちょうどよい糖質量なのでおすすめです。

・1食あたり糖質量33.8g
・1食あたりの価格298円

 

野菜を食べる生パスタ(ほうれん草クリーム)

パスタと一緒に野菜もしっかり食べたいときにおすすめの冷凍パスタです。1食あたりの糖質量は31.3gなので通常のパスタよりも大幅に糖質をカットできます。ブロッコリやいんげん、ナスなどの野菜が好きな方におすすめの冷凍パスタです。

・1食あたり糖質量31.3g
・1食あたりの価格298円

彩り野菜と熟成ベーコンのピッツァ


ダイエット中や糖質制限中でもピザが食べたい!というときはローソンの冷凍ピザがおすすめです。ピザにも関わらず、1食あたりの糖質量が28.8gと通常のピザと比較すると大幅な糖質カットを実現してくれているピザです。ブロッコリ、ピーマン、ベーコンに加え、ナチュラルチーズの味わい豊かなピザです。

・1食あたり糖質量28.8g
・1食あたり価格399円

出典:ローソンセレクトの冷凍食品一覧

イオンのトップバリュ

画像出典:トップバリュ公式サイト

イオンのプライベートブランド・トップバリュでは、おいしさと糖質のバランスを考慮した冷凍おかずが販売されています。おかず一品ごとに包装されているタイプなので、主食として利用するのがおすすめです。1品あたりの糖質量が10g以下のおかずも充実しているので、その他のおかずと組み合わせられるのも嬉しいポイントです。

・おいしさと糖質のバランス 赤魚の煮付け
価格 429円
1食あたりの糖質量7.4g

・おいしさと糖質のバランス トマトソースハンバーグ
価格 429円
1食あたりの糖質量9.8g

・おいしさと糖質のバランス さばの味噌煮
価格 429円
1食あたりの糖質量8.2g

・おいしさと糖質のバランス 豚肉のしょうがだれ
価格 429円
1食あたりの糖質量7.2g

・おいしさと糖質のバランス 鶏肉のトマトソースがけ
価格 429円
1食あたりの糖質量9.2g

・おいしさと糖質のバランス 炊き込みごはんと鶏肉の卵とじ風
価格 429円
1食あたりの糖質量34.0g

・おいしさと糖質のバランス あさりごはんと豚肉の味噌だれ
価格 429円
1食あたりの糖質量34.8g

 

通販で購入できる低糖質冷凍食品5選

近所のコンビニやスーパーで糖質カットされた冷凍食品を取り扱っていない場合や、頻繁に買いに行けない場合は自宅まで宅配してくれる低糖質冷凍食品がおすすめです。

コンビニなどで購入する冷凍食品は、おかず一品ごとの場合が多いですが通販で購入できる冷凍食品の中には「1食分の食事」として利用できる冷凍弁当があります。1食あたりのおかずが3品から5品程度のおかずで構成されているお弁当なので、電子レンジで温めるだけですぐに食事が食べられるのも便利なポイントです。

おかず一品ごとの冷凍食品の場合は、おかずごとに糖質量を計算しないといけませんがお弁当タイプの糖質制限食を利用すれば糖質量の管理が簡単なのでおすすめです。

1食あたりの糖質が10g以下に設定されている冷凍弁当も多いので、糖質制限中の食事にピッタリ!
毎晩の夕食として利用しても良いですし、ランチのお弁当としても活用できるのでダイエット&糖質制限中の食事におすすめです。

nosh(ナッシュ)

ナッシュは1食あたり4~5品程度のおかずで構成され、ボリューム感も美味しさも業界トップクラスの冷凍宅配食です。1食あたり4.6g程度の低糖質冷凍弁当をはじめ、全メニューの平均糖質量が17gに設定されている冷凍宅配食です。

フレンチや和食など一流のシェフの料理が低価格で味わえることに加え、毎日食べても食べ飽きないヘルシーな低糖質食を食べられるのでおすすめです。

電子レンジで温めるだけですぐに食べられる手軽さも、男性女性問わずおすすめです。

美味しく糖質の低い冷凍弁当を探しているのであればこれで決まり!というほどおすすめの冷凍弁当です。

>> noshの全メニューはこちらからチェックできます

 

ニチレイフーズダイレクト

ニチレイフーズダイレクトの冷凍弁当には、「糖質を控えたい方糖質コース」があります。
7食セット5,500円1食あたり785円で購入できます。
冷凍食品の大手メーカーであるニチレイだからこその美味しい冷凍食品がお弁当で楽しめます。

>> ニチレイフーズダイレクトの注文はこちらから

 

食宅便 低糖質セレクト

食宅便には糖質が低く設定されている「低糖質セレクトコース」があります。1食あたり5.9gという低い糖質量なので、1日3食食べても一日の糖質量を20g以下に抑えることができる冷凍弁当でうす。
日清医療食品が販売している冷凍食品なので健康に配慮されているお弁当です。
糖質制限されたお弁当以外にも塩分やカロリーオフされたお弁当も豊富です。

>> 食宅便の冷凍弁当の種類一覧はこちら

ウェルネスダイニング

ウェルネスダイニングには「糖質制限気配り宅配食」があります。1食あたりの糖質量は15g以下に設定されていることに加え、ウェルネスダイニングには通常のごはんよりも糖質が低く設定されているレトルトごはんも購入できます。

>> ウェルネスダイニングの糖質制限気配り宅配食の詳細

美健倶楽部

美健倶楽部はBc400コースという、1食あたり400ckalに制限したコースがあります。ダイエット中のカロリー管理に便利な食事で和食や洋食が充実しています。

糖質制限を徹底するケトジェニックダイエットとは?

糖質摂取量を制限したダイエット法で有名なのがケトジェニックダイエットです。ケトジェニックダイエットのルールは1食あたりの糖質量を20g以下に制限することです。1日3食で糖質量を60gに制限することで、通常の食事よりも大幅に糖質をカットすることになるのでダイエットを更に進めていけるというものです。ケトジェニックダイエット中は、主食のお米やパンなどの糖質量が多いものは避けた方が良いです。

お米の場合は、精白米茶碗1杯150g程度で約50gの糖質が含まれています。
食パンは1枚約60gで糖質量約45g、パスタの場合は1食約240gで糖質量約75gなので糖質制限中にはおすすめできません。

糖質制限中は糖質は控えても、たんぱく質をしっかり摂取しなければいけないので、糖質が低く、たんぱく質を摂取できる食事メニューにする方が健康的にダイエットを進めていけます。

イオンが開催しているロカボフェアって何?

イオンでは、一日の糖質摂取量を適正な数値に管理するロカボフェアというものを推奨しています。1日70g~130gに糖質を抑える食生活にするというもので、ご飯はお茶碗の半膳にして、その分、肉や魚などのおかずはどんどん食べるというもの。

イオンでは糖質制限弁当や糖質カットされたパンなどのメニューが販売されているので、自宅近くにイオンがある場合は糖質オフメニューを購入して毎日の食事として利用するのがおすすめです。

ロカボという語源は、そもそもローカーボ食(低炭水化物食)が語源となっています。ローカーボ食の概念は自己判断で行うと過度な糖質制限につながってしまう可能性もあるので、イオンは「適正な糖質摂取量」を1日70g~130gに設定した「ロカボ」というものを提唱しています。

糖質制限するには炭水化物カットが重要!

糖質の過剰摂取による健康的リスクやダイエットを進めるために糖質制限を進めたいときには、糖質が高い炭水化物をなるべく控えるのが大切です。糖質は炭水化物以外にも含まれていますが、お米や小麦が原料のパンやパスタなどは非常に糖質が多い食品です。

マンツーマンダイエットジムとして有名なライザップでも、指導される食事メニューは炭水化物を可能な限り控えた食事メニューを指定されます。自分自身だけで食事制限する場合はリスクもあるので、注意が必要です。

まずは普段の自分の食生活でどれくらいの炭水化物を摂取しているかを洗い出すのが、糖質制限していく第一歩です。現在摂取している炭水化物の量が分かれば、炭水化物の量を減らし適度な糖質摂取量に管理していくことができます。

まとめ

糖質制限中の食事は、一品一品糖質量を計算するとなると手間もかかりますし、管理が難しい面があります。
糖質制限をストレスなく行っていくには、「1食まとめて糖質量が◯グラム」とすぐ把握できる冷凍弁当がおすすめです。
冷凍技術の進歩により、一流のシェフが作った食事を自宅で手軽に温めて食べられることも冷凍弁当の魅力の一つ。

電子レンジで温めるだけで糖質制限食が食べられることに加え、1食あたりの食費も抑えられるのでおすすめです。
冷凍庫にストックしておくだけで料理の手間も省けるので、仕事で忙しい人や子育てに忙しい方、単身赴任中で健康的な食事を食べたい男性の食事としても活躍してくれます。
冷凍弁当宅配サービスそれぞれ味の傾向は異なるので、自分好みの冷凍弁当が見つかるまでそれぞれのサービスを一度試して、自分に合う糖質制限食を見つけましょう!

\ SNSでシェアしよう! /

ミールキット・食材宅配サービス比較ランキングの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ミールキット・食材宅配サービス比較ランキングの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Ely

Ely

30代兼業主婦のWEBライター。ホールフードジュニアマイスター、国際薬膳食育師3級などを取得し、家族に美味しい食事を提供するために日々料理に力を入れています。