【これで決まり!】冷凍弁当ランキング

カレーの糖質やカロリーは?【カレールーの糖質量&低糖質カレーの作り方】

ダイエットやトレーニングで糖質管理をしているとカレーライスの糖質が気になって食べる機会が減っている人も多いのでは?

一般的なカレーライスの糖質量は約一皿50gほど、カロリーは723kcalとなっていて、糖質、カロリー共に多いイメージがあります。

でも、カレーライスは一度に炭水化物、脂質、たんぱく質、野菜などに含まれるビタミンやミネラル、食物繊維がまとめて摂れる料理です。野菜不足な時にもおすすめですし、まとめて作って冷凍しておけば作り置きで手軽に食べられるのも魅力。

野菜やたんぱく質をまとめて摂るのにも適しているカレーの糖質をうまくコントロールすることで、栄養バランスを充実させるのにも役立ちますよ♪

編集部

こちらではカレーの糖質、カロリー、カレー作りの中で糖質を控えるポイントをご紹介します。

カレーの糖質量とカロリー

基本的なカレーの一皿分の糖質量とカロリーがこちらです。

食材分量糖質カロリー
カレールウ19g7.3g97kcal
白米200g35.6g168kcal
にんじん25g1.42g9kcal
たまねぎ50g2.8g15.5kcal
じゃがいも37.5g3.15g28.5kcal
サラダ油(調合油)30g(大さじ2)0g276kcal
豚バラ肉(脂身つき)37.5g0.03g148kcal
合計369g50.3g742kcal


※材料参考:ハウス食品「どこよりも丁寧なカレーの作り方」

※糖質量の参考:文部科学省「食品データベース」

カレーの種類によってカロリーも変化してきます。例えば、ダイエットサポートアプリとして知られる「あすけん」に掲載されているカレーライスのカロリーがこちら

  • カレーライス:723kcal
  • チキンカレー:650kcal
  • キーマカレー:680kcal
  • ビーフカレー:709kcal
  • ドライカレー:678kcal
  • ポークカレー:723kcal
  • 夏野菜カレー:598kcal
  • カツカレー:1085kcal
  • バターチキンカレー:670kcal
  • グリーンカレー:747kcal

※参考:あすけんアプリ

編集部

カレーの中では鶏肉を使ったカレーや野菜を多く使ったカレーのカロリーが少ないことがわかります。

カレーに使われる材料の糖質とカロリー

カレーは家庭によって使用する食材が違いますよね。また使用するカレールーによっても糖質やカロリーに違いが出てきます。

編集部

使用する食材の中で注目したいのは食物繊維量です。食物繊維は糖や脂肪の吸収を穏やかにする働きもあるため、同じ糖質量でも食物繊維が多いことで吸収にも違いが出てきます。

こちらではカレーに使用されている主な材料の糖質やカロリーをまとめました!

カレールウの糖質・カロリー

カレーの味を決める要素の一つ、カレールウ、カレースパイスなどの糖質量、カロリーがこちら

種類分量糖質カロリー食物繊維
カレールウ19g7.3g97kcal6.4g
カレー粉12g3.2g50kcal4.4g

※参考:文部科学省「食品データベース」

市販で購入できる主な固形タイプのカレールウのカロリー、糖質量もチェックしましょう。こちらは各カレールウの箱に記載されている一皿分の分量となります。

商品糖質カロリー
バーモントカレー(ハウス食品)8.3g100kcal
ジャワカレー(ハウス食品)7.8g111kcal
こくまろカレー(ハウス食品)7.2g91kcal
ディナーカレー(S&B)8.5g103kcal
ゴールデンカレー(S&B)9.3g87kcal
江崎グリコ カレーZEPPIN辛口8.8g117kcal
プレミアムフォン・ド・ボー ディナーカレー 中辛6.8g78kcal

編集部

それぞれ少し違いはありますが、約8gほどの糖質になります。辛口は中辛や甘口よりも甘味料の使用が少ないので、糖質やカロリーが低くなります。

白米の糖質・カロリー

カレーの中で糖質やカロリーを多く占めるのがお米です。逆にこのお米の量や種類を変えることで、糖質やカロリーも抑えることができます。

種類分量糖質カロリー食物繊維
白米200g35.6g168kcal1.5g
発芽玄米200g33.2g167kcal1.8g
押し麦30g19.8g104kcal2.8g
五穀30g19.6g107kcal1.5g
オートミール30g17.9g114kcal2.8g

※参考:文部科学省「食品データベース」

編集部

白米と比べて発芽玄米の方が糖質が少なく、食物繊維は多いです。また、麦を使った押し麦や五穀、オートミールといったお米と置き換えられるものや、白米に混ぜて使えるものは栄養価も白米より高く、食物繊維も多いのでカレーの糖質が気になっている人は意識してみましょう。

カレーに使う主な肉類の糖質・カロリー

肉類はカレーの中でたんぱく質を摂るための大切な食材です。肉類が入っていないと1食の中でたんぱく質が不足してしまいます。肉が苦手な人はゆで卵や大豆などのたんぱく質が摂れる食材をプラスしましょう。

カレーに使われる主な肉類の100gあたりの糖質、カロリーがこちら。

商品糖質カロリー
牛肉かたロース脂身つき0.2g411kcal
牛肉かたロース赤肉つき0.2g316kcal
牛肉かたばら脂身つき0.1g517kcal
豚肉かたロース脂身つき0.2g263kcal
豚肉かたばら脂身つき0.1g395kcal
鶏むね肉皮付き0.1g145kcal
鶏むね肉皮なし0.1g116kcal
鶏もも肉皮付き0g204kcal
鶏もも肉皮なし0g127kcal
鶏ささみ0.1g109kcal
ベーコン0.3g405kcal
ウインナー2.3g331kcal

編集部

肉類は糖質が少ないですが脂身付きになるとカロリーが高くなるので、ダイエット中などは脂身が少ないものを選ぶのが良いでしょう。鶏肉は糖質、カロリーどれも少ないのでおすすめです。ただし、ウインナーは肉類の中で糖質が多いので食べすぎは控えたいですね。

カレーに使う主な野菜の糖質・カロリー

カレーに使う野菜はたまねぎ、にんじん、じゃがいもを基本に家庭によって様々な食材を使用すると思います。糖質やカロリーを気にする場合は、使用する野菜の糖質やカロリーもチェックしておきたいですね。

こちらではカレーに使う主な野菜の100gあたりの糖質やカロリーをご紹介します。

種類糖質カロリー食物繊維
にんじん5.7g36kcal2.8g
玉ねぎ5.6g31kcal1.7g
じゃがいも8.4g76kcal8.9g
さつまいも29.7g134kcal2.2g
ほうれん草0.4g25kcal3.6g
ブロッコリー0.9g30kcal4.3g
カリフラワー1.9g26kcal3.2g
なす2.4g19kcal2.1g
トマト3.7g19kcal1.0g
ピーマン2.8g22kcal2.3g
黄ピーマン5.3g27kcal1.3g
赤ピーマン5.6g30kcal1.6g
ごぼう7.6g58kcal6.1g
かぼちゃ9.7g60kcal3.6g
西洋かぼちゃ17.2g93kcal4.1g
アスパラガス2.5g24kcal2.1g
オクラ2.4g33kcal5.2g
マッシュルーム0.4g16kcal3.3g
しめじ1.0g17kcal4.2g
ひらたけ2.9g21kcal3.7g

※参考:文部科学省「食品データベース」

編集部

定番の野菜ではじゃがいもの糖質が高めです。定番の野菜の量を減らしてほうれん草やブロッコリー、アスパラガスなどの野菜や糖質、カロリーが低く、食物繊維が豊富なきのこ類は是非プラスしたいですね。

カレーライスの糖質やカロリーを抑えるポイント

カレーライスの糖質やカロリーを抑えるポイントは

  • 使用する食材の組み合わせを見直す
  • お米の量を減らして野菜を増やす
  • お米の種類を変える、置き換える
  • カレールウからカレースパイスに置き換える

これらを意識していくことで、特別なことをしなくてもカレーライスの糖質やカロリーを抑えることができます。

使用する食材の組み合わせを見直す

肉類の脂身が少ないものを選ぶ

肉類は基本的に糖質が少ないです。ただし、脂身が多い肉はカロリーが多くなるので、脂身が少ないものを選ぶのがおすすめ。肉類の中では鶏肉が低カロリー、低糖質な上に脂質も少ないので特におすすめです。

ウインナーもカレーのトッピングとして人気ですが、肉類の中で糖質が多いので食べすぎに注意したいですね。

脂質を抑えるなら魚介類を加えよう

肉類は糖質が少ないものの、脂身がある分、カロリーが高くなってしまいます。脂質の摂りすぎもダイエットでは注意しなくてはいけないので、脂質を控えたい場合にはエビやイカといった高タンパク、低脂質な魚介類に置き換えることで、たんぱく質を摂りながら脂質や糖質、カロリーも抑えられます。

野菜の糖質にも注目

野菜も定番野菜のうち、じゃがいも、にんじんは野菜の中で糖質が多い野菜です。これら定番の野菜の量を少し減らして代わりにほうれん草などの青い葉野菜、ブロッコリーやカリフラワーなどの野菜を加えると糖質を抑えながら栄養面も充実させられます。

また、食物繊維が多い食材を使うことでお米やカレールウなどの糖質の吸収を穏やかにすることができます。他にもきのこ類は食物繊維も豊富なので是非加えたい食材です。

編集部

さつまいもやかぼちゃのような糖質が多い野菜を加える時にはじゃがいもと置き換えるといった組み合わせがおすすめです。

お米の量を減らして野菜を増やす

カレーライスの糖質の多くを占めるのがお米です。そのため、お米の量を減らすことで糖質をカットできます。

例えば、200gの白米を使用した場合、お米のカロリー336kcal、糖質は71.2gです。ここから50g減らしただけでカロリーを84kcal、糖質17.8gをカットできる計算になります。

ボリュームが減った分、お米よりもカロリーや糖質が少ない野菜を加えることでカサも増えるので、満足度を落とさずにカレーライスを食べられます。

※参考:文部科学省「食品データベース」

お米の種類を変える、置き換える

お米の量を減らすことでカレーライス一皿の糖質を減らせますが、量を減らす以外では、お米の種類を変えたり、置き換えることで白米よりも食物繊維が多くなったり、栄養面も充実させることができます。

白米は精米の時点で栄養が多い胚芽部分や糠などを取り除くため、本来の栄養よりも少なくなっています。そのため、玄米のような白米より食物繊維、ビタミン、ミネラルが多いものにするのもおすすめです。

他にも押し麦や五穀、雑穀、オートミールなどの麦類をご飯に加えることで食物繊維や栄養を強化できます。

さらに、ダイエットの分野で人気のカリフラワー米やこんにゃく米といった置き換え食品を取り入れることで食べごたえを損なわずにカロリー、糖質を抑えることができます。

カレールウからカレースパイスに置き換える

カレーに使用する市販のカレールウには小麦粉が使用されている他、食用油脂、でん粉、砂糖といった糖質が多いものが使われていますので、カレールウをカレースパイス、カレー粉に置き換えることでカロリー、糖質を抑えることができます。

カレー粉は大さじ1杯でカロリーは50kcal、糖質も3.2gとカレールウと比較しても低カロリー、低糖質ですし、余計な調味料が含まれていないメリットがあります。

編集部

カレールウはそれだけで味付けが決まりやすいメリットはありますが、糖質やカロリーを控えたい時はカレー粉やスパイスを使ってみるのもおすすめです。

カレーに使うスパイスの主な種類

スパイスは種類がとても多いですが、基本は香り付け、辛味の調整、色を決める3種類に分けられます。一般的なカレー作りに使用されるスパイスをチェックしてみましょう。

香りをつけるスパイス

  • クミンシード:カレーの風味付けに欠かせないスパイス
  • コリアンダー:柑橘系の甘い香りに加えて苦味を持つスパイスで味をまとめるのに役立つ
  • シナモン:甘くスパイシーな香りが特徴でカレーにほんのり甘みを与えてくれる
  • クローブ:甘い香りが強く、食材の臭みを消すのに役立つ
  • ナツメグ:甘い香りが特徴で肉との相性が良い
  • ローリエ:爽やかな香りで苦味を持つのが特徴。臭み消しにも役立つ

辛味を調整するスパイス

  • カイエンペッパー:とうがらしを使ったスパイスで辛味とフルーティーな味わいが特徴。辛さを調整するのに使用する、チリペッパーが使われることも
  • ブラックペッパー:スッキリとした辛さで山椒のようにピリっとした辛さを加えられる
  • ジンジャー:ピリっとした辛味を持ち、カイエンペッパーと違う、スッキリとした辛さを付けられる

色を調整するスパイス

  • ターメリック:カレーの色を決める代表的な黄色のスパイスでウコンと同じ

香り・辛味・色の混合スパイス

  • ガラムマサラ:インドの代表的なスパイスでクミン・コリアンダー・カルダモン・シナモン・レッドペッパー・ターメリックといった6種類のスパイスを基本に家庭や販売されている商品によって使用されているスパイスに違いがある

編集部

スパイスを使うときにはスパイスの原材料の形を残したホールスパイスと粉末状にしたパウダースパイスがありますが、初めての人はパウダースパイスを使う方が簡単でおすすめですよ♪まずは基本のガラムマサラとクミン、ターメリックの3種類を揃えることでスパイスカレー作りが始められます。

カレースパイスを使ったカレーレシピ

基本的なスパイスであるクミン、コリアンダー、ターメリック、レッドチリペッパーのスパイスを使ったヘルシーなチキンカレーのレシピです。

材料:2人前

  • 鶏もも肉:300g(1枚)
  • たまねぎ:1個
  • ホールトマト缶:1/2
  • にんにくチューブ:3cmくらい
  • しょうがチューブ:2cmくらい
  • 塩:少々
  • クミンパウダー:大さじ1/2
  • コリアンダーパウダー:大さじ1/2
  • ターメリックパウダー:小さじ1
  • レッドチリパウダー:小さじ1/2
  • コンソメ顆粒:小さじ1
  • レモン汁:少々
  • サラダ油:大さじ2
  • 水:50ml
  • 水:100ml
作り方

  1. たまねぎをみじん切りにする
  2. 鶏もも肉の皮を切り取り、筋肉のまとまりに合わせてカットしてから食べやすい大きさに切る
  3. フライパンに油を入れて中火で加熱
  4. 温まったらたまねぎと塩を入れて中〜強火で8分ほど炒める
  5. 焼き色が付いてきたら水50mlを加えて水分が飛ぶまでさらに炒める
  6. しょうがとにんにくを加えて中火で合わせていく
  7. ホールトマトを加えて水分が軽く飛ぶまで炒める
  8. コンソメ、ターメリック、レッドチリペッパー、クミン、コリアンダーを加えて弱火〜中火の間で焦げないようにしっかり混ぜながら炒める
  9. 鶏肉を加えて全体に絡めながら色が少し変わったくらいで水100mlを加えて全体をしっかりかき混ぜたら強火で沸騰するまで加熱
  10. 沸騰したら弱火で合間にかき混ぜながら15分ほど煮込む
  11. レモン汁を加えてかき混ぜたら完成

編集部

カレールウのように色々な材料が入っているものより、味付けに悩む人も多いですが、旨味を加えるトマト缶やコンソメを使うことで美味しく仕上がります♪また、スパイスを色々使うのが面倒な人はカレー粉を使っても良いですね♪

通販で買える低糖質カレー

カレーの糖質が気になるけど、スパイスを工夫したり、食材選びをするのが面倒な人は通販で買える低糖質なカレーを利用してみるのもおすすめです。

カレーを食べる頻度が週に1回、もしくは月に2〜3回くらいという人なら、カレーの糖質を気にせずに低糖質なカレーが用意できるので、料理をする時間が無い人にも便利です♪

CoCo壱番屋 低糖質 ビーフカレー ココイチ 中辛

ココイチから販売されている低糖質なビーフカレーです。一般的なカレーと比べて43%オフ、1食6.2gな低糖質カレーです。カレー専門のココイチが作っているので、味もしっかり楽しめますね♪

サラヤのロカボスタイル低糖質ビーフ

サラヤから販売されている低糖質カレーです。

糖質を38%カット、糖質は1食3.5g、カロリーも108kcalと低糖質、低カロリーなのでご飯の量を調節するだけで、しっかり糖質管理ができます。

1食378円、アマゾンなどで291円ほどで購入できるのでまとめ買いにもおすすめ。

ハチ食品のハラチボ低糖質チキンカレー

通常のカレーから50%オフ、糖質6.2g、肉も高タンパク、低糖質な鶏肉を使用しています。アマゾンで20食入りで2,748円、1食あたり137円ほどで購入できます。

低糖質なカレーも楽しめる糖質制限専門の冷凍弁当サービスnosh

ナッシュのダイエット弁当

noshは糖質制限専門の冷凍弁当サービスです。全メニューが糖質30g以下という低糖質な食事と豊富なメニュー、熟練の料理人が作った本格的な料理が楽しめます。

しかもnoshは野菜もたっぷり使った低糖質なカレーも食べられるんです。スパイスを効かせたカレーは糖質が少ないと感じさせない旨味があります。

noshのカレーは主菜のカレーに副菜3品が付いて糖質が1食22.3gと低糖質。大きめな牛肉も柔らかく煮込まれていて美味しいです。ほくほくなじゃがいも、甘い人参、そして食物繊維も豊富なオクラと野菜もしっかり食べられる低糖質カレーの見本のような内容です♪

noshは1食に主菜と副菜3品が付いているので、通販の低糖質カレーを食べるよりも栄養面も充実しています♪

低糖質にこだわると、食事量も減ってしまうことも多いですが、noshなら食べごたえも考えられた低糖質なカレー、そして幅広い料理が楽しめます♪

ナッシュの高たんぱく弁当ごろっと野菜のビーフカレーを食べた口コミ【noshのカレーは美味しい?】

編集部

noshは糖質制限に役立つ冷凍弁当サービスです!10食セットなら1食あたり568円(税別)で利用できます。今なら初回300円割引なので、初めての方はお得になっています♪


\ 今なら初回300円割引! /
公式ページはこちら
ナッシュの冷凍弁当ナッシュの宅配弁当を実食!【口コミ・レビュー・体験レポまとめ】 noshのメニュー58種類を全部食べてみた!【全食制覇特集&ダイエットレポート】

カレーの糖質を知って美味しい低糖質カレーを楽しむ!

カレーの糖質、低糖質カレーを作るときの食材選びのポイントをご紹介しました。

まとめ
  • 基本的なカレーの糖質は約50.3g、カロリーは約742kcal
  • 市販のカレールウの糖質は一皿約8g前後、カロリー100kcal前後
  • カレーの糖質を占めるのはお米が多い
  • カレーの中でカロリーが低いのはチキンカレー
  • カレーの糖質オフを目指すなら市販のカレールウよりもカレースパイスがおすすめ
  • お米の量や種類を変えることで糖質を減らせる
  • 手軽に低糖質カレーを食べたいなら通販のカレーもおすすめ

編集部

カレーの糖質量は食材選びがポイントです!ただし、低糖質にこだわりすぎると栄養のバランスが悪くなるので、野菜や肉をしっかり入れつつ、お米の量を減らしたりカレールウをスパイスに変えるのがおすすめだと思います!
糖質の多い食べ物は?【糖質の上手な摂り方】 糖質制限弁当宅配おすすめランキング【通販で買える低糖質食まとめ!】

画像出典:Amazon.co.jp